fc2ブログ

イライラの極致。の巻

(この記事は9月7日に書いてます。)


ぶっちゃけ、
かなりイライラしております。


先日書いたウチの居候(もう母をこう呼ぶことにした)との確執
詳しくはここを読んでください→http://airstation734.blog.fc2.com/blog-entry-900.html
まぁカリカリしても仕方ないので前向きに考えておりますが
犬の扱いについては散々注意してきた。

自分の部屋で飼っている犬が高齢で思うように体が動かない
ペットとして重荷なだけで自分の思うように遊べない

目を付けたのが俺ら夫婦が飼ってるダックス
3匹その2

左から『なっぱ』『じゅん』『のん』の3匹
体重はなっぱとじゅんが約8キロ、そしてのんが約4キロ

居候がひょいと簡単に持ち上げられるのが一番右の『のん』であって
それが理由でこの子だけ俺ら夫婦が居ない間に連れ出したりしている。

3匹共訳ありで我が家に来たわけで
この子たちは極度のアレルギー持ち
散歩もできないし食事制限もある。

にも関わらずアレルギー反応の出るおやつや食事を与え
何度も注意はしてきた。

だが全く言うことは聞かず
居ない間にいろんなものを与えたりしてりる。

本人はすっとぼけているが
帰宅すらばすぐわかる。

食べ物が合わず吐き散らかしてるからね。

殺す気か?

何度も注意勧告はしたが居ない間の出来事
現場を押さえたわけではないので思いっきり責め立てられない。

注意すれば本人は逆ギレ
挙句部屋に引きこもる。

そんなこんながかれこれ5年近く・・・


恐れていたことが起こった。



夜帰宅すると
いつものように派手なお出迎えをしてくれるはずの3匹

しかしその時に限って一番人恋しい寂しがり屋の『のん』が来ない。

あれ?と思ってゲージを覗くとそこには尻尾を振ってる『のん』


のんちゃん?


と、声を掛けた途端にのんが倒れた

一瞬の出来事だったが何が起こったかすぐ想像がついた。





下半身麻痺である


犬は自分の体に何が起こったのか理解できない
いつものように遊んで欲しくて動かないからだを必死に引きずりながら
俺たちのほうに来ようとする。


まさかの事態に俺たちはパニックである。


こういう時は居候は絶対部屋から出てこない。

以前息子の俺が家で倒れ救急車で搬送された時もそうだった。

そういう母親である。


時間も時間だったので獣医師会に電話をし
夜間救急を受け付けてる病院を紹介してもらって車を走らす。


やはり麻痺であると。

両後ろ足、右前足の麻痺


何ともハッキリは言えないが
落としたか何かに挟んだかの可能性も無きにしも非ずと。

とりあえず駐車と薬の処方で1日様子を見ましょうとなって一時帰宅。


帰るや否や居候がのこのこ出てきて
いまさらながら『どうしたのぉ~』と。


決まって自分に非があるときはベラベラ喋る。


『アタシじゃないから、アタシじゃないから。』


もうこの言葉は聞き飽きた。

3匹その1


ペットはオモチャじゃないんだよ。

自分に都合の良い子だけ連れ回したんじゃ犬同士の中の秩序は保たれないんよ。

自分が食べちゃいけないものだってわからないんよ。


言えば逆ギレ、言えば黙りこくる
見てないトコではやりたい放題

この血が俺に流れてると思うと本気で嫌になる。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

のんちゃん、大丈夫でしたか?

もう、読んでいて泣いてしまいました。
動物は「痛い」と言えない分、すごくすごく心配ですよね。
せめて「痛いよ」って鳴いてくれれば、すぐに病院に行けるけど、我慢しちゃうからね。

うちの犬も極度のアレルギーです。
それに沢山の病気を抱えています。
だから、すごくわかります。
この子に何かあったら...と。

がんばれ、のんちゃん。

Re: No title

こんな過疎なブログにコメントありがとうございます。

動けなくなったのんを見て物凄くショックでした。
身体の体格上、足腰への負担には気を付けてたんですよ。
さみしがり屋ですからね、ゲージの外から構ったりしてしまうと興奮して飛び跳ねてしまうので、母には絶対ゲージの外から構ったり興奮させたりしないように注意はしてるんですが言うことを聞かずでしてね。

変に構って興奮させたり、自分の部屋に連れて行ったりで、
以前も勝手に散歩に連れ出してリードを離してしまい国道に飛び出してしまったなんてこともありましてね、
いろいろアレルギーの問題や身体の問題もあるんで勝手におやつを与えたりしないでくれと再三言っていたんですがね、

とにかくのんの治療に専念します。

No title

おはようございます。

私なら‥きっと自分を色々な意味で責めてしまうと思うのですが、決して自分のせいではありませんからね。

って堂々と掛ける程、私自身も
そう言う感情の処理が得意じゃないので
これ以上は、中々‥何とも‥

すみません。

Re: No title

おはようございます。

コメントしにくい記事にコメントしていただいてありがとうございます。

こうなる前にもっと違うアプローチで何とかできたんじゃないかとか、自分が親に対するコミニュケーション不足だったのかとかいろいろ自分にも反省しなきゃならない部分もたくさんあると思います。

今は今後この子をどうするか、どう付き合ってくか考えてます。
こうなってしまっても他人事みたいにシラッとしてる母にはイラっとしてますけど…


No title

お母さん 本当に許せないですね
のんちゃんが 話が出来ないのをいいことに!!しらばっくれて、酷いことして!

のんちゃんが 早く良くなることを祈ってます。
動物にこんなことするなんて 本当に許せないです。

Re: No title

再三に渡って構わないでくれと頼んでるんですけどね、
可愛がるならまず自分の飼ってる犬に愛情を注いで欲しいですし、
こっちの犬を可愛がるなら無責任なことはやらないで欲しいと。

私たちが外出してから手出しするって姑息さが嫌なんですよ。
帰ってきたら構ったのバレバレだしね。
食べさせちゃいけないもの食べさせて吐き散らかしてしまっても知らんぷりだし
吐いたもん見りゃ何食わしたかすぐわかるしね。
プロフィール

タロー

Author:タロー
生きてるだけでみっけもん。
のんびり適当に生きてます。
文才の無い人間が書いてますので
気分を害す可能性もありますが、
ヌルイ目で見てやってください。
リンクフリーですが一声かけて下さいね。



コメ返遅いですが勘弁して下さい。

2016年11月13日 Asahiからタローに改名

最新記事
カウンター
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも一覧

ふるーつばすけっと

Way to Revival ~生き残った三菱Jeep J52と共に~
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム