FC2ブログ

あまり深く考えないようにしよう。の巻

何に関してもそうだが、
あまり深く考え過ぎるとややこしくなる
こともある。

基本アバウトです。

さて、
ギターという楽器は半音ごとに音階が区切られていて、コレをロトマチック(半音階)と呼ぶワケです。
んで、12フレット目は弦の長さの半分でここで音階が1オクターブ上になるわけね。

基本、開放弦でチューニングするわけだけど
1オクターブ上の12フレットを押さえてみると
チューニングが合ってないなんてことがあるわけで
そんな時にオクターブ調整となるわけですよ。

ネックの反り調整、弦高調整、PU高さ調整ときて
このオクターブ調整が基本中の基本なんだが
まぁコレはブリッジサドルを前後させて合わすワケよ。
ストラトPU

まぁコレ、
ちゃんとやっておかないと弦楽器同士ならあまり気にならないんだが
ピアノのようなキチンと音階が定まっている楽器と一緒にプレイすると
エラく気持ち悪い時があるワケです。

で、コレをキッチリやるんですがね、

これがまたソコだけじゃダメなわけで、
12フレットできっちり合わせても今度は他がダメなんてね・・・

なもんで私はよく使うキーを優先して合わせちゃうワケ。

私の場合良く使うキーってーとE.A.Dだから5フレット〜7フレット辺り
5弦6弦は3〜7フレットって感じで合わせるわけだが、
まぁ簡単に言うと和音の響きで微調整みたいなね。

でも、
弦が古くなれば古くなったで狂うのよね・・・
新しい弦に保てばいいんだろうが
別に私、コレで飯食ってるわけじゃないしお金も無いからね
音に違和感が出るまで弦は使っちゃうんよね。

ピッキングの強さや弦を押さえる力でも変わっちゃうんよね。

弦高でもフレットの高さでもナットの高さでもね。

よーするに
ギター程アバウトな楽器に完璧なチューニングを求めるなと。


あまり神経質になってもどうかと思うし


ロックですから(笑)




何事も

ちょっと足らんくらいが良かろうとね。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タロー

Author:タロー
生きてるだけでみっけもん。
のんびり適当に生きてます。
文才の無い人間が書いてますので
気分を害す可能性もありますが、
ヌルイ目で見てやってください。
リンクフリーですが一声かけて下さいね。



コメ返遅いですが勘弁して下さい。

2016年11月13日 Asahiからタローに改名

最新記事
カウンター
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも一覧

ふるーつばすけっと
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム