FC2ブログ

財産放棄と手続き(その1)の巻

ど〜も。
今日はちょっと真面目なお話をしようと思います。
が、難しくならんようにできるだけ簡単にお話しますね。

『財産放棄』について。

人間誰しも親が居るわけでして、
その親が亡くなったときとかに相続が発生するのが一般的。
相続放棄とは、法定相続人(この場合子ね)となった場合に
被相続人(親ね)の残した遺産がプラスの財産(土地家屋や有価証券)が多くても相続せず
マイナスの財産(借金とかね)が多くても債務の負担をしないことで、相続放棄すると
その法定相続人は初めから相続人ではなかったということになるわけ。

ようは親が莫大な借金を残して亡くなった場合にその配偶者や子供とかに
その借金を背負わせてしまったら残された家族の生活が成り立たなくなることもあるので
この手続きがあるわけよ

言っときますがウチは借金とかがあったわけではなく
自分には親の財産を相続する資格は無いという判断で放棄したわけね。

さて、ここで大事なのが
借金を背負わなくなれる代わりに家も土地も貰う資格は無くなるよって話。

借金だけ逃れて家や土地とか貰えるもんは貰っておこうなんて
都合の良い話は存在するわけがないので注意です。

さて、
ソレを踏まえた上でどうやったら財産放棄ができるかを記そうかね。

まず、
被相続人(親とかね)が亡くなったのを知った時から3ヶ月以内。です。
(亡くなったのを知った時から3ヶ月がキモね)

で、どこで手続きするかと言うと
被相続人が本籍を置いてる都道府県の家庭裁判所

そこに『相続放棄申述書』ってものを提出しなきゃならんわけね。
その用紙は裁判所に直接行くかHPからダウンロードしてくださいね。

この期間内に申述しないと単純承認(相続します)したとみなされるから注意ね。

で、この申述が裁判所で認められたら『相続放棄申述受理通知書』が交付(送られて)されるわけ。


で、大事なのは
下手こくと相続放棄が認められなくなるのでソコは覚えて置いてね。

まず、
相続放棄する人間が財産を処分してしまうこと。
例え相続放棄した後であっても財産の全部や一部を隠したり消費したりしないこと。

コレ、結構グレーゾーンなんだけどとにかく財産放棄するつもりなら何もしないことだね。


てことで、
次回は相続放棄に関する書類の話をしようかね。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

財産放棄って、耳にすることがあってもなかなか機機会が限られてるだけあって
よくわからなかったりするんですよね。

ネットとかの広告に『手続き代行』ってあるんですけど…
小難しそうだから頼んじゃった方がいいのかなって思いがちだったりするんですよね。

人それぞれのパターンがあると思うので
一概には言えないんでしょうけど…

人が亡くなると悲しんでばかりいられないんですね…

Re: タイトルなし

こんばんは。

亡くなったことを知ってから3ヶ月っていうのがね・・・
確実にやるなら専門の業者さんに依頼するのが一番でしょうね。

銀行や年金、保険の手続きとか
色々やらなければならないことが多いですからね。
プロフィール

タロー

Author:タロー
生きてるだけでみっけもん。
のんびり適当に生きてます。
文才の無い人間が書いてますので
気分を害す可能性もありますが、
ヌルイ目で見てやってください。
リンクフリーですが一声かけて下さいね。



コメ返遅いですが勘弁して下さい。

2016年11月13日 Asahiからタローに改名

最新記事
カウンター
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも一覧

ふるーつばすけっと
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム