fc2ブログ

トランスファーオイル漏れ修理するよ。の巻

嫁ちゃんジムニーのトランスファーからのオイル漏れを発見したので
派手に漏れ出す前に直しちゃいましょうね。

場所はリア側。

まずリアデフに繋がるプロペラシャフトのトランスファー側のボルトを外します。
ja22 トランスファーシール交換4

フランジにしっかり固着してるのでプラハンでコンコン叩いて切り離します。
そのまま下に落とすとスプラインとこから抜けてしまうのでフレームの適当なとこに紐で縛り付けておきます。

さてみなさん苦戦しているフランジナットのカシメ。
ja22 トランスファー ナット
貫通ドライバーを当ててハンマーでぶん殴りますが完全にカシメは起こせないんですよね・・・。

カシメを全く起こさずいきなりインパクトで緩めてる方も居ますが
下手するとネジ山を痛めるのでできるだけ起こしておきます。

で、インパクトで一気に緩めます。
ja22 トランスファーシール交換2
あ、トランスファーのオイルを抜いてからこの作業やってくださいね
でないとフランジ外した途端にオイルかぶりますからね。

このフランジもがっつり固着してる可能性が高いのでプーラーとか用意しとくのがいいですね。
今回は漏れていたオイルがしっかり潤滑剤の役目をしてくれていたのでプーラーいらずで取れました。
ja22 toランスファーシール交換3

ここでやっと目的のオイルシールとご対面。
オイルシールプーラーなりドライバーなど使ってオイルシールをこじり外しちゃいましょう。

オイルシール
写真撮り忘れたので前回外したJB23のMTオイルシール。

コツは前回のシール交換でつかめたので今回はこんなにグチャグチャにならずスコッと抜けました。

トランスファー側のシールの当たり面をきれいに掃除して
オイルシールの内側に軽くミッションオイルを塗ってからオイルシールを入れます。

ja22 トランスファーオイルシール打ち込み
オイルシールの外径に合う適当なアテ物で均等に叩いて入れていきます。
今回はそこら辺に転がってた廃材の40ミリの塩ビ管の切れっ端でコンコン入れました。

恐らくこれ、初めてやる人は力加減がわからないし気持ちが焦って強く叩き過ぎてしまい失敗する可能性大です。
入ってるのか入ってないのかわからないくらいの力加減で少しずつ均等に打ち込んでいって下さいね。

打ち込めたらあとは元通りに戻していきます。

フランジを付けたら新品のフランジナット取り付けます。
回り止めをしてトルクレンチで締めるのが正解ですが
今回はインパクトで締めちゃいました。

カシメはポンチで叩いてカシメます。

最後にトランスファーにオイルを入れたら完成。
ja22 トランスファー オイル






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タロー

Author:タロー
生きてるだけでみっけもん。
のんびり適当に生きてます。
文才の無い人間が書いてますので
気分を害す可能性もありますが、
ヌルイ目で見てやってください。
リンクフリーですが一声かけて下さいね。



コメ返遅いですが勘弁して下さい。

2016年11月13日 Asahiからタローに改名

最新記事
カウンター
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも一覧

ふるーつばすけっと

Way to Revival ~生き残った三菱Jeep J52と共に~
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム