FC2ブログ

フルチューブ。の巻

ギターの音作りでアンプの占める割合って大きいと思うのよ。
50w以上の真空管アンプで10インチ以上のスピーカーでフルドライブさせるのが最高なんだが、

そんなこと家でやったら家族はおろか近所からも苦情殺到
するのは確定なわけで、

ま、アッテネーターで出力落として小音量で鳴らすことも可能だが
アンプ買うのって博打的要素もあるのでそう簡単に買い直せるもんじゃないしね。
真空管アンプってそれなりのお手入れコスト掛かるし
ヘッド、キャビネット、アッテネーターを納得するまで突き詰めたら
いくらお金があっても足らないわけで、

最近は小型のトランジスタアンプでもソレっぽいサウンド出してくれるのも色々わるわけで

LINE6 SpiderⅤ 15を使ってる。
Line6 SpiderⅤ
デジタル臭はあるものの4チャンネルだからアンプ直挿しで色んな音出したい自分には丁度いい。
8インチスピーカーのくせに結構な音圧、METALチャンネルのレクチサウンドはなかなかなわけ。

でもね、
真空管アンプのギター側のヴォリュームで歪みをコントロールしたりする芸当はできんわけで
あの独特のコンプ感やウォーム感はトランジスタじゃ出せないわけで、

Blackstar HT-1R買ってみたよ。
blackstar ht-1
出力1Wのフルチューブアンプね。

ま、真空管アンプの1wってトランジスタアンプの20wくらいの出力になるんで
家でフルドライブさせようとしたらかなりの爆音になるね(家での話ね)

で、このアンプ

トーンコントロールが1個なのと結構音が籠るってーのが最後まで気になって躊躇してたんだけどね、
blackstar ht-1 コントロール

1wの真空管アンプがリーズナブルな価格で買えるんだから
ここは見なかったことにしようと・・・。

で、このHT-1R音が籠る、籠ると言われているがね、
正直籠ります。
音抜けは相当悪いですね。

ま、原因はだいたい想像できるので後日記事にしてみようかと思いますが

ある程度籠りを解消できる方法はあるわけで、

自分の胸の高さ以上までスピーカーの中心を持ってくる。です。

バスドラやベースの重低音って音に方向性がないんだけど
ギターのような中高域の音は直線的に進んでいくアレね、

家庭用の5.1chスピーカーのウーファーの置く位置はどこでもいいけど
ミッドレンジとかツイーターは置く場所が決まってるとか、
車載オーディオのチューンナップウーファーがシート下に設置して
ツイーターはピラーとか出来るだけ耳の高さに取り付けるあの原理と同じ。

このHT-1R、昔のコンボアンプのようにアンプ上部にコントロールが付いてるので
どうしても操作性を意識しちゃって下に置きがちだけど
ソレを我慢して台とかの上に置いて鳴らすと結構籠りは減りますね。

ギターアンプ

LINE6 spiderⅤ 15、Blackstar HT1-R、VOX mini3、HOTONE nanolegacy+Fiy3
画像には無いけどVOX VT20とLINE6 LowdounBASS、LouisLBA-15と
ギター、ベースが増えるようにアンプも増えてくバカっぷり。
しかも全部コンパクトアンプだしね・・・

全て一長一短なもんで全部使い分けてますけどね(笑)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タロー

Author:タロー
生きてるだけでみっけもん。
のんびり適当に生きてます。
文才の無い人間が書いてますので
気分を害す可能性もありますが、
ヌルイ目で見てやってください。
リンクフリーですが一声かけて下さいね。



コメ返遅いですが勘弁して下さい。

2016年11月13日 Asahiからタローに改名

最新記事
カウンター
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも一覧

ふるーつばすけっと
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム