FC2ブログ

音楽タロさん第2話。You May Be Right。の巻

60年代のエレキブーム、GSサウンド、全盛期に青春時代だった両親。

当時、エレキやロックは低俗なモノだなんて否定的な人もたくさん居たわけで
ウチの居候(母親)もロックやエレキは低俗なものって考え派。

当時流行ったピンクレディーや山本リンダですらテレビで流れていたら『いやらしい!』とチャンネルを変えられたくらい。


なもんでロックに触れることができるのは父親と出掛けるときに車の中で聴けた
ベンチャーズやシャンティズ、ダウンタウンブギウギバンドくらいだったんだが、

小学校3年くらいだったか、親の都合で親戚の家にあずけられることになってね、
その親戚の家、長いことアメリカや香港で暮らしていて日本に戻ってきたばかりで
とってもアメリカンな家庭だったわけよ。

もうね、クラッシックとかジャズとか民謡とかしか聴かせてもらえなかった俺にとっては
KISSやシーナ・イーストンやジミヘンやクラプトンはそりゃ衝撃でね

レコードプレーヤーで洋楽ガンガンかけながらキッチンで料理する叔母
そんなんテレビだたまに見かけるアメリカのホームドラマでしか見たことなかったし
もうね、俺にとっては異次元空間だったわけで、

その親戚の姉ちゃんのおさがりでもらった
Billy Joel You May Be Right


コレが妙にカッコ良く聞こえてね、
これで一気に俺ん中の音楽レパートリーが広がったわけで


もうオマエ大丈夫か?ってくらい聴きまくったわけよ。


ま、
俺のギターの原点は親父の影響のベンチャーズだけど
ロックの原点はコレだったわけよ。

いまだにこの曲、
俺のウォークマンに常駐してるわけ。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タロー

Author:タロー
生きてるだけでみっけもん。
のんびり適当に生きてます。
文才の無い人間が書いてますので
気分を害す可能性もありますが、
ヌルイ目で見てやってください。
リンクフリーですが一声かけて下さいね。



コメ返遅いですが勘弁して下さい。

2016年11月13日 Asahiからタローに改名

最新記事
カウンター
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも一覧

ふるーつばすけっと
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム