FC2ブログ

結局保険って代理店次第なんだろうか?の巻

さて台風21号で吹き飛ばされた屋根と部屋の雨漏りの件
数社に見積もりさせて出た金額が約200万~240万。
保険屋のアジャスターが見に来て算出した金額が30万・・・。
とてもじゃないが補修はおろか修理もできる金額じゃない。

保険屋の言い分は吹き飛んだ瓦の枚数ぶんと剥がれた軒天の枚数ぶんと
水を含んで抜け落ちた天井のその部分の補修とソコだけの作業料金だそうな。

屋根ってそんな簡単なもんじゃないよね?

吹き飛んだ瓦の下地や断熱材もダメになってるわけで
その部分だけきれいに剥がしてソコだけトントンと直せるもんじゃない。

まぁ見積もり額の全額とは言わないがそれなりの金額を出してくれと
何度も相談したんだがマニュアル通りしか仕事できん奴に話は通じず
順序良く説明したんだが40万が限界だそうな。

これ以上話しても俺も感情的になりそうだし良い方向には進みそうもないので
自腹で200万オーバーの金額を用意することにした。

後で聞いたんだが直接保険証書からコールセンターに電話するんじゃなくて
保険を加入した代理店を通せば良かったなとね。

代理店曰く言ってくれれば全額は無理でもそれなりの金額請求できたのにとさ。
まぁ直接話すのと代理店通るすので出る金額がぜんぜん違うってこと時点でおかしいんだけどね、
保険会社にとって大事な大口の顧客とそうでない顧客と個人相手との格差ってやつなのかね?

ちょっと知ってる奴で
老朽化が進んだ古い家を買って自分でコツコツリフォームしながら暮らしてた家で
ソイツん家、もうベランダが崩れ落ちそうで買ってから一度もベランダなんか出たことないなんて
で、今回の台風でとどめ刺しちゃってベランダが崩れ落ちちゃって
代理店通して保険請求したらベランダとその下の屋根まで新品になっちゃったなんてさ。

火災保険でも生命保険でも、自動車保険でもそうだけどさ、
保険って損する人と得する人の差がデカ過ぎるんだよね。

結局得した人はラッキー!現状復帰すらままならない損した人は
やっぱり保険屋なんて出し惜しみするその程度の会社なんだねと。


保険を良く知ってる人やその仕事に従事してる方からすればそうじゃないよって思うんだろうが

実際保険に入っていて満足に保険料がおりない側からすればそういった意見なんだよね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タロー

Author:タロー
生きてるだけでみっけもん。
のんびり適当に生きてます。
文才の無い人間が書いてますので
気分を害す可能性もありますが、
ヌルイ目で見てやってください。
リンクフリーですが一声かけて下さいね。



コメ返遅いですが勘弁して下さい。

2016年11月13日 Asahiからタローに改名

最新記事
カウンター
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも一覧

ふるーつばすけっと
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム