fc2ブログ

ほとんどの人が知らないと思う話。の巻

まぁ皆さんから見たら

コンクリートミキサー車って生コン運んでるトラックでしょ?
くらいしか知らないと思う。

よーく考えてみてちょうだいな。

コンクリートですから固まります。

ですから固まらないようにあのドラムと呼ばれるミキサー部を回してるんですね。

撹拌し続けることで固まるのを遅らせてるワケ。

でもね、

いくらかき混ぜてもそのうち固まるんだよね。

だから

プラントで生コン練ってから現場に降ろすまで90分以内。
って決まり事があるワケ。

渋滞で遅くなりました、

なんて言い訳できないワケ。

だから現場までどうやったらその時間以内に到着できるか

タクシーの運転手以上に道を網羅してなきゃならんワケ。

ナビなんて頼ってたら時間内に到着なんてできんワケよ。

しかもそれが造成地だったら住所も無いわけで

結構大変なワケ。


建物の基礎だったり、ブロックの基礎だったり、擁壁だったり

それぞれコンクリートの硬さや配合量も違うんだよ。

で、重い。

水1㎏に対して約2.3倍あるわけで

仮に灯油の18リッターのポリ容器に生コン入れたら41.4kgなワケ。


でさらに問題はコンクリートを現場に降ろした後。

現場に生コンを全部降ろしてもミキサーの中にはべったり生コンが付いてるワケで

降ろしたらさっさと洗わないと固まってしまうワケ

なもんでどうやって時間内に届けるかを道を選びながら走って

降ろし終わった後にできるだけ迷惑にならない場所でドラム内部を洗うか

その場所を探しながら配達するワケ。



結構簡単な仕事じゃないのよ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうなんですね。
タイムリミットがあるのでは、緊張感がありますね。
やっぱり、いろんな仕事があるけど、聞いてみなきゃわからない苦労って、どの仕事にもありますよね。
コンクリートを荒い流した流しは固まらないのですか?ドラムを洗うっていうのも大きいから一苦労ですよね。

Re: No title

結構時間ギリギリとかありますよ。
時間オーバーすると固まり始めたり発熱したりしちゃいます。

洗いはとりあえず降ろした現場の近くで予備洗いみたいに軽く流して会社に戻ってか、洗い直します。

まぁ洗ってもセメントは多少残るので固まってしまいますけどね。
数ヶ月に一度、中に潜ってエアーハンマーとかでガリガリ落とします。
プロフィール

タロー

Author:タロー
生きてるだけでみっけもん。
のんびり適当に生きてます。
文才の無い人間が書いてますので
気分を害す可能性もありますが、
ヌルイ目で見てやってください。
リンクフリーですが一声かけて下さいね。



コメ返遅いですが勘弁して下さい。

2016年11月13日 Asahiからタローに改名

最新記事
カウンター
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも一覧

ふるーつばすけっと

Way to Revival ~生き残った三菱Jeep J52と共に~
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム