fc2ブログ

そんなことないと思うんだけどねぇ。

いつもウチの犬たちがお世話になってる動物病院の先生なんだが、

物凄くぶっきらぼうで物事をハッキリと言う先生でして、

例えばね、
犬を飼ってる人なら経験するであろう食糞、
つまりウ〇コを食べてしまうことなんですが、
飼い主としてはやっぱりやめさせたいと言うのが本音であって、

食糞しないように薬を使ったり躾に励んだり
それでもダメだったりするとワクチン接種とかの時に
動物病院の先生とかに伺ったりするわけですよね。

ウチの犬を診てもらってる先生ってそんな相談すると高らかに笑いながら、

『ハッハッハッ、そりゃお尻の穴からホカホカしたご飯の臭いがする暖かいもんが出てくりゃ食べちゃいますよ。』

と・・・

『そのうち食べなくなりますから無理して躾ける必要なんてないよ。』

と・・・

皮膚炎で伺った時も

『たぶん〇〇でしょうがワンちゃんは言葉が喋れませんので痒いのか痒くないのかは僕にはわかりませんが一応コレ(薬)を出しときますね。もしソレでも痒がってたらすぐ来て下さい。』

と。

まぁ殆どの人が『ふざけんな!』となるでしょうね。

人によってはヤブ医者だとか言う人も居ますが、
私個人的にはそんなことは無いなと。

道で車にハネられてしまった犬を保護したときも、
休診日だったのに来てくれて献身的に看病し一緒に飼い主を探してくれたり、

私の都合で診察時間が過ぎてしまっても待っていてくれて
キチンと診てくれたりと、

ぶっきらぼうで雑な口調の中に
人間であろうと動物であろうと命の重さは変わらないという
そういう姿勢が垣間見れるわけで、

ワンコーズ

ま、

良いか悪いか好きか嫌いかの判断は結局は自分で決めることだから、
人に勧めたりはしないが、私個人としては、

こういう先生は好きである。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タロー

Author:タロー
生きてるだけでみっけもん。
のんびり適当に生きてます。
文才の無い人間が書いてますので
気分を害す可能性もありますが、
ヌルイ目で見てやってください。
リンクフリーですが一声かけて下さいね。



コメ返遅いですが勘弁して下さい。

2016年11月13日 Asahiからタローに改名

最新記事
カウンター
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも一覧

ふるーつばすけっと

Way to Revival ~生き残った三菱Jeep J52と共に~
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム