FC2ブログ

ありがとう。の巻

さっき連絡があり



おにゃんてぃの母が
亡くなったと・・・。


めーやん 0727-1

急いで病院に連れって行ったんだが間に合わなかったと。



俺ね、


コイツに合うまで猫って嫌いだったのよ。

朝になると迎えに来て

一緒に事務所から工場まで行って

仕事中はずっとそばに居て

仕事終わると一緒に事務所に戻ってと

何年もそうやってるうちに

だんだん理解できるようになって

だんだん猫が好きになって

コイツが産んだ子を引き取って

おにゃんてぃ 0726

仕事辞めるまでずっと日中は一緒に居たワケで


そんなおにゃんてぃの母が亡くなった。



いままでありがとう。
めーやん 0727-2
ゆっくり眠ってくれ。


追記:

俺は母猫の最期を看取れなかったんだけどね
急に涎を垂らし苦しそうに鳴く母猫を施設の職員が
行きつけの動物病院(ウチもそこに連れていってる信頼できる病院)に連れていった
その日は混み合っていて受付を済ませ外で母を抱きかかえて待っていると
医院長が苦しそうに鳴く母の声を聞いて優先的に診察室に通してくれたそうだ。

勿論、他に待っている人たちにも許可を得たんだと
みなさん状況を把握してくれて譲ってくれたそうだ。

譲って頂いた皆様ありがとうございます。

オペ室から医院長の『〇〇(薬の名前)持ってこい。』とか
『人工呼吸器の用意!』とか慌ただしく聞こえてきたそうだ。
医院長の必死の手当の様子が外へも聞こえたそうだ。

しかし懸命の処置をしたが息を引き取ってしまった…。

オペ室に通されて状況を説明して頂いて
肛門と口内に詰物してもらって
綺麗なシーツにくるんでくれたそうだ
そしてお代も受け取らなかったそうだ。

野良である母猫に必死の手当してくれた
動物病院の医院長さんにも感謝だ。

本日、歴代猫が埋葬されてる
施設の広場に
埋葬しました。

ホントありがとう。
安らかに眠ってくれ。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご冥福をお祈りします。

みなさんの心が身にしみますね。
みなさんの優しさで涙が溢れそうです…

残念ですが…
どんなに思っても帰ってはきませんもんね…

どう生きた猫ちゃんかはわかりませんが
幸せであったと思って頂けている事も願いたいです。

Re: No title

私が以前勤めていた福祉施設が開所した時にそこに捨てられた猫だったんですが、
みんなに可愛がれ愛され施設のマスコットみたいな猫でした。

関係者みんなで葬儀をあげたそうです。
私は現職ではないので行けませんでしたが、
近いうち線香でもあげに行こうかと。

いろいろコイツから学びましたよ。

天国でゆっくり休んで欲しいですよ。
プロフィール

タロー

Author:タロー
生きてるだけでみっけもん。
のんびり適当に生きてます。
文才の無い人間が書いてますので
気分を害す可能性もありますが、
ヌルイ目で見てやってください。
リンクフリーですが一声かけて下さいね。



コメ返遅いですが勘弁して下さい。

2016年11月13日 Asahiからタローに改名

最新記事
カウンター
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも一覧

ふるーつばすけっと
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム