FC2ブログ

見極めが大事。の巻

消費者側から言わせれば安いにこしたことはない。

でもね、

安いってことだけに拘り過ぎてそれに慣れていってしまうと

良いモノを見極める力が衰えてしまうんだよね。

あれも高い

これも高い

になってしまって

結局粗悪なものや偽物まがいのものばかりを購入してしまうハメに陥るわけよ。

良いものをできるだけ安く買うのと

ただそれを安く買うのとでは

全く違う行為なわけよ。
スポンサーサイト



JA22 デスビからのオイル漏れと点火時期調整。の巻

つい数か月前にデスビキャップとシャフトOリング交換したのにオイル漏れ・・・
いつか内部シャフトから漏れるだろうと予想はしていたがこんなに早く漏れるとはね・・・。

JA22 デスビ3

JA22のK6Aのデスビは入るとこにしか入らないタイプなので面倒臭くはないが
一応デスビの位置をマーキングしてクランクシャフト回してプーリーの刻みと0点を合わせて圧縮上死点を合わせておく。

ココへアクセスする為にパイピング類外したりする下作業が個人的には大嫌いです(笑)
面倒でも作業を楽にする為に外せるものはできるだけ外すのが案外近道だったりもするもんです。

ja22 ジムニー エンジンルーム

一応ゴミや間違ってネジ等を落とさないように入らないようにパイプには詰め物しときました(自分のだったらやらないよ)



JA22のデスビのロックボルトは特殊ボルトなのでそれ1本を外して引っこ抜けば簡単に外せます。(トルクスの40番ね)

ja22 デスビオイル漏れ1
デスビキャップを外すと案の定中はオイルが回ってますね・・・
定番のデスビ差し込み側のOリングの劣化だったら内部はこうなりません。

ja22 デスビオイル漏れ2
ドライバ―で指した部分にベアリングがあってそこにオイルシールがあるわけですが
そこからのオイル漏れとなります。

このシール単体の部品供給はされていないので新品またはリビルドなり中古なりに交換になるわけ。
ツワモノは分解してサイズの合うシールで修理してるようですが私のはそんな技量ありませんので

ドナーから移植します。
ja22 デスビ移植中」

ここら辺の交換は今まで乗ってきた車で何度もやってきているので形は違えど構造はほぼ一緒なのでサクッといきます。

ハイ終了。
ja22 ジムニー デスビ本体



ja22 ジムニー デスビ交換

さてここから点火時期調整。

エンジンを掛けて暖気します。
電装品は全てオフにして完全暖気させます。
電動ファンが回っている間も点火時期は調整できませんよ。

アイドリング回転数950回転±50を確認したら

エンジンルームのバッテリーの後ろ
バルクヘッドあたりに黒いゴムキャップが被っているカプラーを短絡させます。
ja22 ジムニー 短絡

ja22 カプラー図
カプラー番号『C』と『D』を配線等で短絡させます。

こんな感じね。
ja22 ダイアグ短絡

この状態で点火時期を5度に合わせて配線を抜けば終了です。



(自分で作業する方は個人責任でお願いします。)




けっこう辛いよ睡眠時無呼吸症。の巻

睡眠時無呼吸症候群・・・。

ま、これに悩まされてない方には到底理解できない辛さなんですよね。

『私、睡眠時無呼吸症なんです・・・。』なんて言えないって辛さもあるんですよね。

日中襲ってくる強烈な眠気、他人からは怠けてるとか言われる場合もありますし、

ソレを理由に仕事を解雇される場合もありますしね。

余程の重症化しない限り根本的な治療をしてくれる病院もあまりないですしね・・・

この辛さ

なった人じゃなかわかりませんね。


私の場合、

先天性の気管支狭窄で仰向けで寝ると気管支が塞がってしまうわけで、

そこに副鼻腔炎で常に鼻が詰まってる状態

日中でも意識して呼吸しないと止まってしまうくらいなんで

寝てしまうと睡眠時間の半分近く呼吸停止してる状態・・・。

これが20年以上ですから相当なストレスで心臓までやられてしまったワケです。

相当数病院行きましたがいまだに根本的な解決策が見つからずでしてね

精神的にも体力的にもかなりキツイです。

俺の考えは間違ってるんでしょうか?の巻

職場に荷物の引き取りにくる宅配便のお兄さんや

納品に来てる業者さんに

『ご苦労様です。』と声を掛けたら、





『ウチが使ってやってんだからそんな言葉掛ける必要ねぇんだよ!』


と言われたんですがね・・・



ご苦労様ですって声掛ける
俺が間違ってるんですかね?


俺的には

引き取りに来てくれる人が居るから、
納品に来てくれる業者さんが居るから、

自分たちも仕事が出来ると思うんですよ。



俺の考えは間違ってるんですかね?

ありゃま・・・。ナックルシール交換編。の巻

2か月程前に嫁さんジムニーのナックルのオーバーホールをしてもらったわけですが

今日、何気に下回りを覗き込んだら、

あれま・・・。
ja22 ナックル 3

ナックルシールが飛び出てるし・・・。

このままだと水やゴミが入ってしまってドライブシャフトや中のベアリング類をダメにしてしまうので

コイツを交換しなきゃならんのですが、

手順はナックルオーバーホールと全く一緒ってーのが悔しくてならんわけだ。

ja22 021107-1

さて、

このナックルシールがいつからベロンとなっていたのかが問題

先日の林道行ったときからだったら恐らく中身は終了してるはず

開けてからのお楽しみでございます・・・。


あ、ダイジョブですね。
ja22 ナックル2

ドラシャ側も問題なしですね。
ja22 ドラシャ

どうやら錆やらゴミを噛み込んでベロンと逝っちゃったみたいですね。

速いうちに気が付いてよかった。
ja22 ナックル シール

勿体ないな・・・新品なのに。


もうしばらくはココは触ることの無いようにしたいです。
ja22 ナックル 1





ちょいちょい補修なぞしてみる。の巻

新車から20年以上触ることすら無かったであろう嫁ニーのスペアタイヤ。

もう長年の雨風紫外線に晒されてカバーもボロボロである。
JA22 スペアタイヤカバー

今回ここら辺のリフレッシュでもしてやろうかと思いましてね。

ひとまずカバーのほうを剥がしてみましたが劣化でボロボロ・・・
剥いた途端に破けて再利用できませんでした。

カバーの下のスペアタイヤは見た目は新品ですがタイヤとしての性能は終了しとります。
スペアタイヤ
まぁある意味緊急、応急用の“転がしタイヤ“ですので終わっていても構わないのですが
現在装着しているタイヤとの外径差があるのでこれも変えてしまおうと思います。

さてその下にあるスペアタイヤのブラケットは

錆だらけでボロボロ・・・
スペアタイヤブラケット

こいつも錆を取ってきちんと塗装しようと思います。

ブラケットの下も汚れと錆で汚いですね・・・。
JA22 リアゲート

ここもちゃんと錆を取って磨いていきます。

スペアタイヤ周りのリペアをしている間

スペアタイヤ無しで行きますが
スペアタイヤ無しの後姿もこれはこれで好きです。
JA22 スペアタイヤ無し

スペアタイヤですが純正のハイウウェイテレーンの175/80R16から
ヨコハマのマッドテレーン185/85R16に履き換えます(中古です)

ホイールの塗装はいつものトランプマスキングで行います。
スペアタイヤ 塗装1

ダイソーで買ってきたトランプをタイヤとホイールの隙間に差し込んでマスキング代わりにし
ホイールスプレーのブラックで塗装。
スペアタイヤ 塗装2

ブラケットも錆を全て落とし錆止め塗装をしてから艶消し黒で再塗装。
スペアタイヤブラケット塗装

マッドタイヤに黒塗装のスペアタイヤ

雰囲気変わりますね。
JA22 スペア装着









プロフィール

タロー

Author:タロー
生きてるだけでみっけもん。
のんびり適当に生きてます。
文才の無い人間が書いてますので
気分を害す可能性もありますが、
ヌルイ目で見てやってください。
リンクフリーですが一声かけて下さいね。



コメ返遅いですが勘弁して下さい。

2016年11月13日 Asahiからタローに改名

最新記事
カウンター
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも一覧

ふるーつばすけっと
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム