エコのはずがエゴだった。の巻

今時の車にはメーターパネルに瞬間燃費計とかエコランプとか付いてるわな。

そのエコランプが緑や青のままでいよう
オレンジや赤になったら燃費悪くなるから嫌だとか

瞬間燃費系とにらめっこして
おぉ!リッター23キロだぜ!とか

まさかそんなことばかり気にして走ってねぇだろうな?

そういう人、結構居ると思うよ。



eスタートとかふんわりアクセルとか

確かに発進時にいちばん燃料使うからね。

自車の燃費だけを考えればね。

それ単独で見れば、確かに効果はある。

しかし後ろにクルマが居たら、あるいはその後ろにさらにクルマが居たら、

それは大きな『?』が付?くわけよ。

遅くスタートするということは、

その分だけ道路の交通容量を小さくすることになって
結果的には渋滞を引き起こす原因になる。

例えば次の信号まで10台通過できるはずが、9台しか通過できないことになれば、

当然10台目のクルマの燃費は悪化する。

さっきも書いたがクルマは発進時がもっとも燃費が悪いからね。

で、そんなゆったり加速で稼ぐことができる燃費は10%程度、

信号で余計に停止させられれば、たとえアイドリングストップさせていたとしても、

その局面での燃費は悪化する方向にどんどん膨らむどんどんわけよ。

田舎道や交通量の少ない深夜ならともかく

交通量の多い昼間のふんわりアクセルとか、eスタートとかいう運転方法は、

自分さえ良ければいい、というものなのよ。

これではエコドライブではなく、エゴドライブ。




スポンサーサイト

ある意味AT車はMT車より運転は難しいと思う。の巻

調べたわけでもないし統計取ったわけでもないけどさ、
商業者を除く自家用車のAT普及率は90%くらいはあるんじゃないかと。

MT車のようにクラッチを踏んでギアチェンジしなくていいし
Dレンジに入れておけばアクセル踏めば発進できるし
ブレーキ踏めば減速して止まれる。
坂道発進でドキドキしなくて済むし
発進時のエンストもしないので非常に楽だ。

AT限定免許ができてからAT車も一気に普及したし
運転するって事自体の敷居もかなり下がった。

敷居が下がった=誰でも運転できるわけで
極端な言い方すれば免許も持ってない子供でも車を動かせるし
反射神経がかなり落ちた高齢者でも動かせちゃうわけで
もっと言えば運転センスが全く無い人でも教習所の試験をパスすれば
普通に走れるわけだ。

日々走っていて思うのが
アクセルもブレーキもONとOFFしかない人が増えたなと。

普通に流れている道路でもちょっと速度が上がるたびにブレーキをパチパチ踏んで
よくわからないタイミングでブレーキランプが点灯してる人とか
右足はアクセル、左足はブレーキで走ってるのにブレーキランプが点灯してる車とかね。

まぁAT車はMT車と違ってエンジンブレーキを積極的に使えないから
ブレーキでの減速が主流となるわけだが

全く後続車の事を考えないブレーキの踏み方してる人が増えたなと。

傍から見ていて

それじゃ後続車に嫌な思いや怖い思いさせて
結果煽られても仕方ないんじゃない?
一気に追い抜かれて前に割り込まれて急ブレーキ踏まれても仕方ないんじゃない?

って運転してる人が非常に増えたなと。

私もMT車とAT車を1台づつ所有しているが

後続車の事を考えるとAT車のほうが運転は難しい。と思う。

俺は黄色いナンバー派。の巻

この前テレビ東京系の番組で、軽自動車の黄色ナンバープレートを白色に変える裏ワザが紹介された。

てか別に裏技でも何でもないんだけどね。

2020年開催予定の東京五輪を盛り上げるために、昨年の10月から交付が開始されている
東京オリンピック・パラリンピックの記念ナンバーってやつね。

このナンバープレート、白しか無いわけで、

7000円程度お金払って申請すれば本来黄色ナンバーの軽自動車も白ナンバーになるわけだ。


で、ここから俺的な意見だから好き勝手言わせてもらうが
軽自動車は黄色ナンバーのままでいいんじゃないかと。

番組VTRでは、軽自動車のオーナーたちの、黄色いナンバープレートを嫌う声を集めた。
「高所得者と低所得者を色分けしようっていう」
「収入の差があるだけで、黄色いレッテルっていうか…」
「ちょっとみじめです。昨日、高速に乗ったら(ほかの車から)あおられました」と不満が続出したと紹介してるがね、

ま、現在黄色ナンバーから白ナンバーにしてる人には申し訳ないが
そんなに黄色ナンバーに劣等感を感じるんなら軽自動車なんてはじめから買わなきゃいいじゃん。
って思ってしまうんだよね。

ま、考えは人それぞれだから
意見は十人十色だから上からモノは言う資格なんてないけどね。

俺、思うんだけどさ、

これって国土交通省の姑息な作戦なんじゃねーの?ってことよ。

昔と違って軽自動車の性能もどんどん上がってきて
サイズも一昔前のコンパクトカーとほとんど変わらないサイズになって
装備も充実して普通車と大差なくなってきてるわけで
維持費も税金もランニングコストも安い軽自動車オーナーが増えていった。
昔は一家に1台あればそれでもじゅうぶん贅沢だった自家用車も
今じゃ複数台所有する家庭も多くなった。
出来るだけ安く済ませるようにコストの安い軽自動車を買い求めてく

どんどん増えてく軽自動車、
でも軽自動車の税金は地方税

普通車を維持してる側からすれば
軽自動車の税金は安過ぎるって不満が出るだろうしね。

軽自動車乗ってる側からすれば
軽自動車はコストが安いから軽自動車
普通車並みの税金にされたら軽自動車乗ってる意味が無い。

国からしたらその税金が地方に流れるのを食い止めたい

で、国土交通省が考えた裏技が
軽自動車の黄色ナンバーを嫌がる軽自動車オーナー
そこに目を付けたんじゃないかな?と思ってしまうんだよね。



何か理由を付けて軽自動車を白ナンバーにしちゃえば差別化が薄れて一気に増税するチャンスがこの記念ナンバーなんじゃないの?とね。

軽自動車でどんどん白ナンバー化が進めば
何処までが普通車で軽自動車なんだか判別しにくくなって
じゃあそんな普通車と区別つかないならいいじゃん!税金上げちゃえば。

って国の裏工作に乗せられてしまってるような気がしてならないんだよね。

HIDコンバージョンKITをもう一度考え直す。の巻

発売当初は高額だったHIDコンバージョンKIT

今じゃ海外製の安いKITも発売されて
リレーレスも登場して簡単にDIYで取り付けられるようになって
ハロゲンからHIDに変換してる車両も増えたが

クソ眩しいのが多すぎる。
キセノン


光軸云々の問題じゃないんだよね。

マルチリフレクターの車両ってさ、
裏側のリフレクターに反射させて照らしてるワケよ。

ハロゲンバルブで設計されてるワケよ。

そこに3倍近い光量のあるHIDにすると
本来ハロゲンじゃ反射しない部分まで光が反射しちまって
余計な光が乱反射してしまうワケ。

ソレがクソ眩しい元なんよね。

安い中華製だからダメで国産なら大丈夫なんて話もあるけどさ
そんなことないんだよね。
中華製でも車検に通るモノもあれば車両もある
国産でも車検に通らないものもあるんあだよね。
ようはヘッドライト自体のリフレクターの形にもよるわけさ。

日本車って基本左斜め上に光が行かなきゃならないワケで
変に光が散らないようにカットラインやエルボ点が出るように設計されてるワケよ。
光軸

上の図でもわかるように
ちゃんと下をてらしてるワケ。

しかもエルボ点、カットラインギリギリが一番明るくなるポイントになってるワケ。
でも、HIDは光量があるから余計な部分までてらして上の図の暗い部分まで反射しちゃうから
相手に眩しさを与えてしまうワケ。

いやいや、眩しいんなら光軸下げちゃえばいいじゃんなんて光軸下げてる人も見かけるけど
それだと一番明るい部分がずっと下を向いちゃって暗いだけで本末転倒なHIDになるワケ。

こんな状態でもっと明るく、より白くなんて
ドレスアップ目的で55WのHIDになんかしたら
自分はめっちゃ明るいけど周りからは大迷惑なんてね。

酷い人だと
HIDに付属してるカバーまで取っちゃって
スゲー明るいじゃんなんて喜んでる輩まで居る。

古いクルマのレンズカットのある車両とかプロジェクターは比較的カットラインが出やすいからいいんだけど、

マルチリフレクターの車両はどうしてもこのカットラインやエルボ点が出づらいんだよね。
光
自分が良ければそれでいい。

そんな時代じゃないと思うんだよね。

自衛。の巻

ここで以前書いたんだっけかな?
覚えてないけど・・・。

包丁は食材を切るもの。
ゴルフクラブやバットは珠を打つもの。

本来の使い方をしていれば人の命を奪うことなんてない。

でも車は普通の使い方をしていても
ほんのちょとの判断ミスで簡単に人の命を奪う。


誰しもそんなことは理解してるだろうが
甘い考えの人や自分はそんな運転しないから大丈夫だ
と高をくくってる人が大半なはず。

でもね、

みんなたまたま人の命を奪ってないだけ。

可能性は誰にだってある。

まぁここで俺がそんなことを言い放ったとこで
誰の心に響くかも知らんし、何言ってんだこの野郎程度だろう。

自己のリスクを減らすのは自分が安全運転してるだけじゃダメなんだよね。

危険な状態にできるだけ関わらないのも大事なんじゃないかと。


例えばだ、
後ろから乱暴な運転をする車が近づいてきて煽られたとしよう。
自分の運転技術じゃこれ以上スピードを上げられない。
でも後ろからは煽れれ続けている。

そんな時はできるだけ早く道を譲る

煽られ続けて信号待ちとかで怒鳴られたり幅寄せされたり
焦って走って自爆でもしたら自文が嫌な思いするだけだからね。

トラックの前には割り込まない

これ結構危ないわけで、

トラックというのはみんなが想像してる以上に重量がある。
例えば遥か先の信号が赤になったとしよう。
トラックというのは積載時のブレーキ性能は乗用車より劣る。
ドライバーはそれを見越して早めにブレーキを掛けはじめる。

結構居るのがそこに割り込んでくる乗用車のドライバー。

荷崩れ覚悟でフルブレーキ掛ければ止まれるが
運が悪ければそのままズドンと追突する。

とにかくできるだけ
自分の身は自分で守るのが大事。

高速道路で渋滞が発生してるときは
できるだけ早めに減速して
後続車にハザード点灯して教える。

トラックとトラックの間にはできるだけ入らない。

先の見えないカーブでは左側キープ

こういうことに気を配るだけで
事故の確率はグンと減る。

でも

コレができてない人が最近かなり多い。
プロフィール

タロー

Author:タロー
生きてるだけでみっけもん。
のんびり適当に生きてます。
文才の無い人間が書いてますので
気分を害す可能性もありますが、
ヌルイ目で見てやってください。
リンクフリーですが一声かけて下さいね。



コメ返遅いですが勘弁して下さい。

2016年11月13日 Asahiからタローに改名

最新記事
カウンター
ブロとも一覧

ふるーつばすけっと
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム