HIDコンバージョンKITをもう一度考え直す。の巻

発売当初は高額だったHIDコンバージョンKIT

今じゃ海外製の安いKITも発売されて
リレーレスも登場して簡単にDIYで取り付けられるようになって
ハロゲンからHIDに変換してる車両も増えたが

クソ眩しいのが多すぎる。
キセノン


光軸云々の問題じゃないんだよね。

マルチリフレクターの車両ってさ、
裏側のリフレクターに反射させて照らしてるワケよ。

ハロゲンバルブで設計されてるワケよ。

そこに3倍近い光量のあるHIDにすると
本来ハロゲンじゃ反射しない部分まで光が反射しちまって
余計な光が乱反射してしまうワケ。

ソレがクソ眩しい元なんよね。

安い中華製だからダメで国産なら大丈夫なんて話もあるけどさ
そんなことないんだよね。
中華製でも車検に通るモノもあれば車両もある
国産でも車検に通らないものもあるんあだよね。
ようはヘッドライト自体のリフレクターの形にもよるわけさ。

日本車って基本左斜め上に光が行かなきゃならないワケで
変に光が散らないようにカットラインやエルボ点が出るように設計されてるワケよ。
光軸

上の図でもわかるように
ちゃんと下をてらしてるワケ。

しかもエルボ点、カットラインギリギリが一番明るくなるポイントになってるワケ。
でも、HIDは光量があるから余計な部分までてらして上の図の暗い部分まで反射しちゃうから
相手に眩しさを与えてしまうワケ。

いやいや、眩しいんなら光軸下げちゃえばいいじゃんなんて光軸下げてる人も見かけるけど
それだと一番明るい部分がずっと下を向いちゃって暗いだけで本末転倒なHIDになるワケ。

こんな状態でもっと明るく、より白くなんて
ドレスアップ目的で55WのHIDになんかしたら
自分はめっちゃ明るいけど周りからは大迷惑なんてね。

酷い人だと
HIDに付属してるカバーまで取っちゃって
スゲー明るいじゃんなんて喜んでる輩まで居る。

古いクルマのレンズカットのある車両とかプロジェクターは比較的カットラインが出やすいからいいんだけど、

マルチリフレクターの車両はどうしてもこのカットラインやエルボ点が出づらいんだよね。
光
自分が良ければそれでいい。

そんな時代じゃないと思うんだよね。

スポンサーサイト

自衛。の巻

ここで以前書いたんだっけかな?
覚えてないけど・・・。

包丁は食材を切るもの。
ゴルフクラブやバットは珠を打つもの。

本来の使い方をしていれば人の命を奪うことなんてない。

でも車は普通の使い方をしていても
ほんのちょとの判断ミスで簡単に人の命を奪う。


誰しもそんなことは理解してるだろうが
甘い考えの人や自分はそんな運転しないから大丈夫だ
と高をくくってる人が大半なはず。

でもね、

みんなたまたま人の命を奪ってないだけ。

可能性は誰にだってある。

まぁここで俺がそんなことを言い放ったとこで
誰の心に響くかも知らんし、何言ってんだこの野郎程度だろう。

自己のリスクを減らすのは自分が安全運転してるだけじゃダメなんだよね。

危険な状態にできるだけ関わらないのも大事なんじゃないかと。


例えばだ、
後ろから乱暴な運転をする車が近づいてきて煽られたとしよう。
自分の運転技術じゃこれ以上スピードを上げられない。
でも後ろからは煽れれ続けている。

そんな時はできるだけ早く道を譲る

煽られ続けて信号待ちとかで怒鳴られたり幅寄せされたり
焦って走って自爆でもしたら自文が嫌な思いするだけだからね。

トラックの前には割り込まない

これ結構危ないわけで、

トラックというのはみんなが想像してる以上に重量がある。
例えば遥か先の信号が赤になったとしよう。
トラックというのは積載時のブレーキ性能は乗用車より劣る。
ドライバーはそれを見越して早めにブレーキを掛けはじめる。

結構居るのがそこに割り込んでくる乗用車のドライバー。

荷崩れ覚悟でフルブレーキ掛ければ止まれるが
運が悪ければそのままズドンと追突する。

とにかくできるだけ
自分の身は自分で守るのが大事。

高速道路で渋滞が発生してるときは
できるだけ早めに減速して
後続車にハザード点灯して教える。

トラックとトラックの間にはできるだけ入らない。

先の見えないカーブでは左側キープ

こういうことに気を配るだけで
事故の確率はグンと減る。

でも

コレができてない人が最近かなり多い。

ワックス。の巻

買い貯めておいた車のワックスが無くなったので
新しいのを買いに近所のカーショップに行ったら廃製になってた・・・。

もしやと思い数件回ってみたがやっぱり売ってないワケで

仕方ないので代わりになるワックスを探してみたんだが

これだってーのが無いんよね。

プシュっと簡単ひと吹きなのはどうも好きになれない。
職業が生コン屋なので職場の駐車場はコンクリートの粉やホコリが常時舞ってる
まぁ、がっつりコーティングってーのもアリだが
ベチョっとボディに生コンが付いちゃう可能性もあるし
コーティングと言えども空から降ってくる鉄粉や樹液は防げない

艶だけを言えば固形ワックスが一番だが
水垢取ってからとか下地が命なのでちと面倒
最近は楽チンなスプレータイプもあるがコレも同じ。

で、液体コーティングとなるんだが
2液性で1回こっきりのとか
拭き取り不要とかワケわからんのが多いし
値段が強烈に高いだけで
使いづらいのばかりだ。

イオンコートみたいに1本で何台も使えるのが少なくなってるよねぇ・・・。

さんざん探してコレにした。
液体ワックス
ウィルソンのフッ素テクノコート

実はウィルソンってメーカー
私なぞの年代からは安物であまり良くないってイメージが強く
カーショップで売ってるってよりガソリンスタンドで売ってる半ネリワックス
なんてイメージが強く敬遠してる部分があった。

ま、在庫切らしたってワックスはコレの前のモデルだったワケだが

結構イイね。

ワックスの持ちもいいしそこそこ艶も出る。
強いて言うなら拭き上げ後にちょっと粉が残るのが難点かな。

もっと輝くし耐久性もいいのもあるけど
何しろそれはお値段が高くて
私的対費用効果が薄いから却下なワケ。

で、

仕事で使うコンクリートミキサー車のほうは

こんなの使ったらいくら金があっても足りないし
職場の車に自腹を大量投入するのもどうか・・・。
しかし洗車やそこら辺の軽整備は自己責任なので
安くてそこそこのを使おうと。

で、
コレ。
半ネリワックス
結構トラックドライバーはこれ使ってるよね。

400円切る金額でそこそこの輝きと耐久性、撥水性。

なかなかあなどれないよ。

『自衛』の巻

さて、もうすぐ金週ですな。

てかすでに有給とか使って連休に入ってる方もいらっしゃるかと。

車での帰省に旅行
事故だけは気をつけて下さいね

でだ、
事故なんて起こしたくて起こすもんじゃない。
どんなに気をつけていても巻き込まれる可能性は大である。

以前、知り合いとそういった話になった時

『いや、別にぶつけられたら保険金ふんだくってやるからいいんだ。』

なんて言った奴が居てソイツと喧嘩になったことがある。

そもそもそういう考えが俺は嫌いだから。

まぁこういう気持ちでも軽い物損ならいいが
テメェの体に一生消えない傷や後遺症が残っても平気でそんなこと言えるかね?と。

モノだったら修理すればほとんど元の形には戻るだろう
でも、警察呼んだり現場検証したり
代車の請求や保険屋への連絡
そんな時間を無駄に費やしたり
揉めて気分悪くなり時間のほうが
俺は無駄だと思うワケ。
ましてや相手が保険未加入だったら目も当てられない結果になる。

まぁ自分は安全運転を心がければ事故率はグンと下がる。

でもやられたら・・・。だ。

一番は変な車には近づかないである。

やたら飛ばして煽ってくる奴は
焦ることなく道を譲ればいい。

煽れれてるからって後ろばかり見てしまって前の車に追突とか
スピード上げすぎてしまって自損事故を起こしてしまったなんて
そんなんで事故ってしまうのも損である。

ウインカーを出さずに進路変更してくる車や
ブレーキや加速のタイミングが自分とあわないなと思ったら
焦らず慌てずそういう車は見送るか距離を置く
これが一番である。

変な車の一番の見分け方は
ドアミラーの向きである。

たまにたたんだまま平気で走ってる人も居るが論外。

ミラーってよーく理屈を知ると面白いもので
前を走る車のドアミラーを見て欲しい。


相手の顔が見えるはず。

ってことは相手はこっちを見てるってことになる。

たまにミラーを
縦列駐車するときに縁石を確認するだけに使ってるひとや
自分の顔を見るだけの為に使ってるナルシストさんが居るが

そういう人の車は
後ろから見て顔が見えない

後ろから見て
思いっきり胸が映ってるとか天井が見える車ってーのは
だいたいミラーで後方確認してない車だ。

とにかく
怪しい動きの車には近づかないことだ。

『はぁ?』の巻。

国土交通省が自動車のヘッドライトの自動点灯機能を義務化するようですね。

私からしてみたらはぁ?である。

暗くなってきたらライトを点灯する。
点けるのは当たり前のことだが"いつ点灯するか"は個人の裁量である。

国土交通省曰く
法律的には日が暮れてからライトを点けることが決められているが、
それを守っている人は全体の約20%ほどしかいないそうだ。

交通安全の意識が高い人であれば少し暗くなった段階でもヘッドライトを付けて走っているが、
やはり運転者全員が同じレベルの事をできるわけではないと国が判断したと。

マナーを守れないからルールになるワケ。

自動車ってもんを甘く見てる人間があまりにも多すぎるし
自分さえ良ければそれでいいって考えの人間も増えたのも問題。

自動車メーカーにも問題がある。

今時の車はイグニッションONでメーターパネル点灯。

これにも問題があるんじゃないの?と。

常時メーターパネルが点灯しっぱなしだから
薄暗くなっても自発的にポジションやライトの点灯が遅れる。

問題はそれだけじゃないワケで

国交省の文から抜粋すると

『現時点ではオートヘッドライト装着車は全体の約33%、非装着車は約62%、
自分の車のライトが自動かどうか分からない人が約5%ほどいることになっています。』

って・・・。

自分の車が自動かどうか分からないってーのも問題だと思う。

車好きじゃなくてもね、
自分の車がどういうものなのか
最低限は知らなきゃダメなのよ。

最近はカーシェアなんてーのも増えてきて
借りた車の燃料を満タン返しするんでガソリンスタンドに行って

軽自動車だから軽油入れちゃったなんてね

軽自動車の『軽』と軽油の『軽』は違うワケよ。

車屋に居た頃
お客さんが真っ青な顔して店に飛び込んできて
『変なランプが点灯したんだ!何かの故障か?』
なんてメーターパネルを覗きこんだら

O/D OFF

シフトノブんとこにある
オーバードライブのボタンを押してOFFにしてしまっただけ。

昨日今日に乗った車ならちょっとは理解してあげられただろうが
その人はもうその車に何年も乗ってるワケでね。

自分の車なんだからさ
ホント最低限のことだけは知って欲しいワケよ。

別に難しいことしろってわけじゃないのよ。

車検証と一緒に挟んである
取り扱い説明書くらいは読んで理解して欲しいもんだ。

プロフィール

タロー

Author:タロー
生きてるだけでみっけもん。
のんびり適当に生きてます。
文才の無い人間が書いてますので
気分を害す可能性もありますが、
ヌルイ目で見てやってください。
リンクフリーですが一声かけて下さいね。



コメ返遅いですが勘弁して下さい。

2016年11月13日 Asahiからタローに改名

最新記事
カウンター
ブロとも一覧

ふるーつばすけっと
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム