よっちゃんの誘惑。の巻

『なぁ、一緒にバンドやらんかのぉ。』
と中学に入って同級生から声を掛けられて

数少ない洋楽好き同士でバンド結成したのが昭和56年。

下手なりに楽しんでやってたんだが全く受け入れられなくて
3年生の時の文化祭でライブやるかって話になって
そんな構想を聞きつけた同じ学年のヤンキー連中が
横浜銀蝿のコピーをやると・・・。

まぁ当時流行ってたからね、
対バンで洋楽なんてやってもシラケちまうんじゃないかって話になって

考え抜いた挙句に出た答えが

野村義男&THE GOOD-BYE

YOU惑-MAY惑

やり切った感があったのはヤンキー達と俺達だけで
どっちのバンドも結局これでグッバイ・・・。

久しぶりに聴いたけど、


若いっていいな。
スポンサーサイト

ダメな女の四畳半。の巻

どん底ってさ

もう底が見えたから“どん底“って言えるんだよね。

ってことは

這い上がってる途中なワケじゃん。

クヨクヨすることなんてねぇワケさ。


“どん底“味わった数だけ
何てことない日常が幸せに感じるんだよね




今日の1曲

ダウンタウンブギウギバンド from 脱・どん底音楽会(日比谷公会堂・1975.4.19)


1975年だから俺6歳。
親父のレコード棚から拝借して良く聴いてたなぁ。

ダウンタウンブギウギバンド

港のヨーコ・ヨコハマヨコスカ
サクセス
裏切者の歌
カッコマン・ブギ
知らず知らずのうちに

名曲いっぱいあるけど

コレが一番好きだなぁ。

久々キタな。の巻

別に見たい番組があるわけじゃないが
だいたいテレビはつけっぱなしの垂れ流し。

たまたま見たCMで

『おおっ!』ときたのが

コレ↓


鈴木瑛美子

高校生だとさ。

実は2015年の『全国ゴスペルコンテスト ゴスペル甲子園』のボーカル部門で最優秀賞を受賞した現役女子高生なんだとさ。

パワフルだよね、歌唱力あるし。

こういう子がどんどん出てきて欲しいもんだよ。

今後の活躍に期待だね。


one step beyondの巻

前回の音楽ネタの続き。

従妹の姉ちゃんの影響で洋楽に目覚めちゃったワケで
小学校5年生くらいになるとKISSとかロッドスチュワートとかシーナイーストンとか
少ない小遣い握りしめて当時あったレンタルレコード店で借り漁っては聴いていたワケ。

小学校5年生だか6年生だかの時、へそ曲がりと化していた俺は
クラスでは近藤真彦のスニーカーブルースが流行っていた最中

マッドネス

One Step Beyond
にハマっていた。

今で言う東京スカパラダイスオーケストラみたいな感じかな?

2TONEとかも聴いてみたりもしたが
脳ミソも体も子供の俺にはまだ受け入れられなくてね、

小学生でコレは相当生意気だったかもな。

time out for fun の巻

先日書いこの記事から俺の変な音楽ライフが始まっていくワケだ。

小学校高学年になると俺は大人の勝手な事情で親戚の家に預けられるようになったわけだが
そこの家が海外生活が長かった家でね、みんな洋楽を聞いてたわけでその影響で俺も洋楽にどっぷりハマっていくワケだ。

で、

小学生の俺のハートにドカン!ときたのがコレでね↓

DEVO time out for fun

まだYMOが世に出る前で
(これに影響されてYMOがデビューするわけ)
このテクノ感は小学生ながら新鮮でね

もう聞きまくったワケよ。

アルバムジャケットもビックリしたさよ。

この頃、コレ聞いてて
『何?この変な音楽。』と散々馬鹿にされたけど
後にYMOがデビューしてヒットしたときは
『ざまぁみろ!先取りしてやったぜ!』なんて思ってた。

で、日本もテクノ・ポップが流行りだして
猫も杓子もテクノ、テクノって・・・
なんかウンザリしてだんだん聴かなくなってイクのね。

この頃からかなぁ、
何に関しても流行り出すと嫌んなっちゃってやめちゃうの。



今聴いても、

そんなに古臭さを感じないんだよね。

今、ある程度音楽がわかるようになって改めて聴くと
結構造りこまれてるなぁ。
プロフィール

タロー

Author:タロー
生きてるだけでみっけもん。
のんびり適当に生きてます。
文才の無い人間が書いてますので
気分を害す可能性もありますが、
ヌルイ目で見てやってください。
リンクフリーですが一声かけて下さいね。



コメ返遅いですが勘弁して下さい。

2016年11月13日 Asahiからタローに改名

最新記事
カウンター
ブロとも一覧

ふるーつばすけっと
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム