ワン!の巻

のんちゃんが亡くなって
もうすぐ2ヶ月になるんだね。

なんか長いような短いような
まだそこに居るような気もするし
もう居ないことを受け入れてる自分も居たりね。

まだ納骨もしてないし
毎日遺影に話しかけたりも

で、現在のワンコーズ
ワンコーズ 0114
厄介な居候の手出しも減ったようで

少し落ち着いてます。
スポンサーサイト

スッキリしねぇ・・・。の巻

すっかり日が落ちるのが早くなりましたね。

ちょっと前なら午後5時なんてまだ明るかったのに
もうライト点灯せんと走れんくらい暗くなった。

渋滞を避ける為に国道を反れて裏道へ
まぁみんな考えることは一緒でそこそこ交通量は多い。

カーブを曲がったら対向車線の車線上に何か落ちてる
『紙袋かな?』なんて思いながら近づいてみると

車に轢かれたばかりの野ウサギだった。

まだ車にぶつかったばかりで
苦しそうにもがいているその野ウサギと目が合った・・・。

自分がハネたわけじゃないが
とてつもなく心が苦しくなる。


野良猫だったり野良犬だったり何度が出くわしたことがあるが
その日1日気分がブルーになるんだよね。

交通量が少なかったら即停車して出来る限りのことはするが
こういう時に限って交通量も多ければ停める場所も無い。

いや、
停まって救護したところで俺に何ができるワケでもない
でもね、そのまま放置しておいて後続車に踏み潰されていく様は
考えるのも嫌だし想像したくもない
だからできるだけのことはしてやりたい。

それが俺の身勝手かも知れない、エゴかも知れないが

人間と同じ命である。

何もできなかった自分、


なんだかモヤモヤしたまま今に至る。

日向ぼっこ。の巻

いまさらなんだが

あの日からワンコーズやニャンコに接する気持ちが変わったような気がする。
てか、変えていかないといけないからね。

できるだけ後悔の無いように
奴らにできるだけ優しく愛を持って接するよう
自分の気持ちを変えていかなければならないとね。

日の差し込む窓辺に2匹並んで日向ぼっこ。

ワンコーズ 1112

ちょっと前までは3匹並んでたんだけどねぇ・・・。


ここに

おにゃんてぃが並んでくれると最高だな。

しばらく。の巻

駐車場に車を停めるといつもなら

『ワン!ワン!ワン!』と元気な声が聞こえて
『おーおー、うるさいぞ!静かにしろー。』と言いながら玄関のドアを開けるのが恒例だったが

それが無いだけで日常にぽっかり穴が空いたように感じる。

あれだけ
うるさい、やかましい、少しは落ち着けよなんて
軽くイラッとする出来事なはずだったのに
それが無いと今度はものすごく寂しい気持ちになる。
俺って生き物は勝手でワガママな人間なんだなと
自分が心底嫌になる。




のんちゃんの遺影を作ろうとしたんだけど
あまりこの子の写真を撮れてなかったことに今更気づく・・・。

昔撮り貯めておいた記憶メディアから引っ張りだそうとしたら
データが壊れていて全く引き出すことが出来ないんだよね・・・。

いろいろ調べてみたんだけど
俺的に納得いくペット霊園や納骨堂が見つからないんだよね。

まぁ金に糸目を付けなければ
大きな霊園で永代供養料払って墓石でも建てるんだが
そんなお金も無いわけでね。

てか、
まだ気持ちに整理がつかないからさ
他のワンコーズと同じ部屋ののんちゃんが使ってたゲージに入れてる。


納骨してあげないと成仏できないよとか
いつまでもそうやってたダメじゃんなんて言うけど

こいつらも気持ちに整理がつかないみたいで・・・。
ワンコーズ 1103
ほとんどココに居るワケなんだよね。


俺の気持ちに整理がつくのが先か
納得のいく納骨堂が見つかるのが先か

どっちが先かわからんけど

それまでは
のんちゃんと一緒に居ようと思う。

ご飯も、水もお線香も絶やさずにね。

のんちゃん、安らかにね、そしてゴメンね。

本来ココに書くべきでは無いと重々承知してはいるが
どこかに書き殴らないと自分が先に進めそうもないので書かせてもらう。

ウチのワンコーズの1匹、のんが11月1日未明、天国へ旅立ちました。

7歳2ヶ月、早すぎる死でした。
のんちゃん

ちっちゃい頃から超が付くほどバカワンコでね
他のワンコ達より体がちっちゃいくせに元気だけはいっちょまえで

仕事から帰ってくると嬉しさのあまり興奮してワンワン吠えまくって
気を失いそうになるくらいの喜びようで
『うるさい!』『静かにしなさい!』って何度怒ったことか
怒られて顔をすくめても尻尾は常に全開ブンブンで
怒られようが邪険にされようが心折れることなく
常に尻尾ブンブン。

トリミング中に間違って耳を切ってしまったときも
階段登りを失敗して爪を剥がしてしまったときも
手当てしてくれるだけでも嬉しい、構ってくれてると
大喜びで尻尾をブンブンするほど構ってちゃん。

ココで何度か書いてるけど
今の家に越してきてから、
ウチの居候の婆さんの身勝手な玩具のような扱いで
食べさせてはいけないものをたべさせて幾度となく嘔吐してしまったり
下半身に麻痺が残るほど怪我させてしまったり
(過去記事、ワンコーズカテゴリーから見てください)

そのストレスからくる無駄吠えや食糞や怪我が増えていき

せっかく長年しつけてきたものが
母の身勝手な甘やかしでここ最近はどうにもならない状態になっていた。

そりゃそうだ、
犬は甘やかしたり叱られたりと人によって扱いが極端に違ったら迷うのは当然
甘いほうに流れていってしまうのも当然だ。

ここ最近は可愛がる時間より叱ってる時間のほうが多かった。
それでも構ってくれてると思い、叱られても大喜びで
この子大丈夫か?ってくらいだった。

のん なっぱ



体調の変化に気づいたのは先月の後半
ただでさえ食の細いのんちゃんがまったく食事をしなくなった。
流動食を食べさせてもすぐ吐いてしまう。

病院に連れていって点滴、レントゲン、血液検査
問題は無さそうだがこのまま不調が続くようなら
開腹して見てみないとわからないと・・・。

一旦帰宅したもののまたぐったりしてしまって翌日の朝に再入院、

深夜までかかっての緊急手術。

3時間半の手術に耐えてくれました。


翌日、仕事が終わって早々に面会に。

待合室で待っていると病室から運ばれてくるぐったりしたのんちゃんがチラッと見えた。

そして診察室に呼ばれてドアを開けると
のんちゃん、スクッと立ち上がってお座りして尻尾ブンブン。

痛くて辛くて立ってる場合じゃないのに
俺達に向かって全開の喜び


腸に穴が数カ所開いて壊死してしまっていたと。
穴の開いて壊死した部分を切除したものの
ボロボロになった腸は縫合した先からどんどん切れていってしまい
結局腸の半分を切除した。

切除した腸を見せてもらったが医療従事者でも無い私でもわかるくらい酷いものだった。
腸の中には長い紐が絡まっていた。

頑張ったね、のん。

本当はそれどころじゃないのに
俺達に尻尾ブンブン振って
『くぅ〜ん。』なんて甘えた声出しやがって。

『一度お家に連れて帰りますか?』と言われたが
術後にあちこち連れ回すのもどうかと思ったし
入院なら緊急にも対応できるし、24時間暖房完備のほうが
のんの為にも良いと思い預けることに。


『のんちゃん、また明日来るからね、頑張れよ。』と
診察室を出てドアが閉まる瞬間
凄い寂しそうな目をしながらパタンと倒れたのんを見た。

その、寂しそうな目と姿を見るのが

最後になってしまった・・・。
わんこーず4

のんちゃん永眠。

のんちゃん、お疲れ。
たくさんの思い出ありがとう。


苦しかったろう、痛かったろう、寂しかったろうに

今更”タラレバ”な話なんかしてもしても仕方ないし
いつも明日のことを心配しても過去を悔やんでも仕方ないと言ってきた俺だが
こんなこと言うのは変だが

もっと早く気がついていればこんなにならなかったろうに
あの時、手術の決断をしないで投薬と自然治癒力に頼るべきだったのか
もっとコイツに優しく接してやるべきだったのか
最後は怒ってばかりでどんだけ寂しかったんだろうとか
最後は病院ではなく自宅で看取るべきだったのか。
母と同居なんてしなければこんなことにはならなかったんだろうか。

どうにもならない無念と後悔だけが押し寄せてくる。

病院の先生に言われた
『この子は本当に飼い主さんを好きなんですね。
昨日来てくださったとき、グッタリしてたのに
飼い主さんの気配を感じたら立ち上がって吠えてましたよ。
帰るときは本当に寂しそうに鳴いてましたよ。
誰にも吠えたり騒いだりしない子なんですね。』と。

のん、

オマエは誰にでも愛想振りまくバカ犬なんかじゃなかったんだな。
オマエにとって俺達が絶対の存在だったんだな。

のんちゃん2

わかってるつもりでもわかってなかったよ・・・ゴメンな。

最後はそばに居て欲しかったろうに。
元気になってお家に帰りたかったろうに。
また一緒に寝たかったろうに。




のん、

オマエが入院する直前に買った新しいお布団だよ。
のん

帰ってきてもいつものクンクンが聞こえねぇし・・・
『うるさい!』って怒りたくても怒るオマエはこんなに小さくなっちまって
鳴くこともできなくなっちまった。

俺、

まだどうしても納骨できないんだよね。

帰ってきたらまたあの騒がしいオマエの鳴き声が聞こえるような気がしてさ、


まだのんちゃんの死を受け入れられねぇし




コイツらもオマエの死を受け入れられないみたいだよ。
じゅん

のん、

ごめんな

本当にゴメン。




ゆっくり天国で休んでくれ。




※まとまりのない文で申し訳ない。
長文駄文にお付き合いありがとうございます。
プロフィール

タロー

Author:タロー
生きてるだけでみっけもん。
のんびり適当に生きてます。
文才の無い人間が書いてますので
気分を害す可能性もありますが、
ヌルイ目で見てやってください。
リンクフリーですが一声かけて下さいね。



コメ返遅いですが勘弁して下さい。

2016年11月13日 Asahiからタローに改名

最新記事
カウンター
ブロとも一覧

ふるーつばすけっと
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム