FC2ブログ

ミニコン話。の巻

一昔前まではこういったモノに全く興味がなかったんだけどね、

あまりにももっさりして1300ccとは思えないほどのエンジンのパンチの無さに

興味本位でミニコンαを買ってみた。
パルスポーツ ミニコン
興味本位30%藁をもつかむ感70%が本音だけどね(笑)
パルスポーツ製のJB33用ね。

インジェクターの噴射量は変えずに噴射タイミングを変えてアクセルレスポンスを良くするってやつね。
(昔はこういったモノに全く興味ありませんでした・・・)

インジェクターのカプラーに挟み込むかたちで取り付けるタイプのやつ。

3モードあって
1:は低回転域はノーマルで中高回転域でレスポンスアップで
N:はノーマルモード
2:が全域レスポンスアップモードだそうな。
ジムニー ミニコン取り付け

ネットだと賛否あるみたいだけど
付けてから文句言え主義なんで付けてみたわけよ。

パワーが上がったとかトルクが増したとか簡単なもんじゃないんだけどさ

うまく説明できんのだけど陸上競技で例えると
スタートで足が上手く前に出せなかったのが出せるようになった感じに似てるね。

上手く前に出せるようになったから結果速くなったみたいなね。


そりゃねスポーツCP制御とかサブコン付けるとかのほうがいいのはわかってるけど
それにはそれなりの金額がかかるわけでさ、

1万ちょいの価格でこれだけの効果があればコスパはいいと思うんだよね。


アクセルオフからの踏みなおしの時のもっさりは解消されたしね。

買って正解。


追記:

先日千葉から山梨県までの高速道路往復で燃費を計測してみました。
取り付け前はリッター10.8キロ
取り付け後はリッター9.8キロ

ま、ノーマルよりちょこっとインジェクターの噴射が早くなってるぶん燃費は落ちて当たり前ですが
ストレス無く走れるようになったのでリッター1キロの燃費悪化は許せる範囲。

それにしても燃費悪っ!
スポンサーサイト



『パキッ!』ってなるんよ。の巻

以前からきになっていたトラクションがかかった瞬間に下回りから聞こえる

パキッ!!って音

走り出す瞬間、しかも雨の日にしか音が出ないもんで
直接どこから鳴ってるか確認ができなかったわけで

いろんなとこ増し締めしたり点検してみたものの
何せ雨の日にしか音が出ないんで半迷宮入りしてたさよ。

で、たまたま雨の日にショップに行けるチャンスができたのでパキパキいわせながらショップに突入。
jb33ジムニー リフト

社長さんやそのお知り合いさんに試乗してもらったり
お客さん達と車ゆすってみたり前後させてみたり
いろいろやってみたわけだ。
jb33 ジムニー下回り



原因は

トレーリングアームのボディ側のボルトの緩み・・・。
jb33 ジムニー 点検

規定トルクよりちょっと緩かった・・・。


単なる俺のミス・・・・。


社長さん・・・・ごめんなさい。


コーヒー牛乳化対策。の巻

本当は梅雨入り前にやりたかったのだがね・・・

ジムニーのホーシングの上に付いているデフケース内の圧を抜くブリーダープラグ
内圧が上がったまま深い水たまりに入ると急にケース内の温度が下がってブリーダープラグから水が入ってしまうわけで

オイルの中に水が混ざり
コーヒー牛乳化してしまうわけだ。

この位置にブリーダープラグがあるのはあまりよろしくないワケで
他の本格的4WDは初めから純正でブリーダー先端をエンジンルームとかのより高い位置へホースで伸ばしてるわけで

みなさんソレを真似て自作なりでブリーダープラグ位置を変更してるワケ。

自分の33ワイドは既に対策済みなので次は嫁さん号の番。

今回は見た目のやってる感よりもナチュラルに純正っぽく仕上げたかったので
黒の耐圧耐油ホースでやってみた。
耐圧ホース

ホームセンターでメーター650円くらい。

デフ側はより純正っぽいクリップで
ブリーダーはamazonで工業用のブリーダープラグを買ってみた。
ブリーダー

うん、車高の高い車はこういう時に楽だね。

ジャッキアップしなくても下回りの整備ができる。
ja22 ジムニー

こんな感じで取り付け。
デフブリーダー

フルストロークしても切れないように余裕をもたせ
尚且つマフラーの熱でやられないような取りまわしにして
先端はエンジンルームに逃がす。
ブリーダー エンジンルーム

はい、これで深い水たまりに飛び込んでも大丈夫だね。






計算通りにはいかないんだよ。の巻

何かやるときは必ず徹底リサーチしてから物事を始めるタイプです。

石橋を叩いて渡るなんて言いますが自分の場合
石橋を叩いて壊しちゃう派デス・・・。

まぁ何事も計算通りにいかないのが逆に面白い人生を送れるわけで
上手くいったらそれはそれで面白い。

さて、本題に入りますが

ワタクシのジムニー
AT車です。
JB33 ジムニー Atシフト

「何でオートマなんて買ったの?リフトアップまでしてあってATは無いだろ普通ミッションじゃね?」

なんて結構な人に言われましたがね

2ペダルならではの走りもできるんですよ。

四駆の競技や遊びでもAT車でやってる方もけっこう居ますしね
なにしろエンストとかしないんでいいですよ。

JB33 ジムニー インパネ

で、現在履いてるタイヤ
純正の205/70R15に対し215/70R15ってデカいサイズのタイヤを履いてるわけで

タイヤの外径が大きくなると加速はもっさりするしギアも離れてしまって具合がよろしくないわけですよ。

で、その加速の鈍さともっさりを何とかするためにギア比15パーセント低いダウンギアをトランスファーに組み込んでいるんですが

これがあまり具合がよくない・・・。
jb33 ジムニー リア

これが660ccのJB23ジムニーなら良かったんだろうけど
自分のジムニーは1300ccのJB33ワイド
元々ギア比がハイギアードなんだよね。

もっさり感はある程度解消できてるんだが
キックダウンのタイミングがちょい遅いんだよね。

これがマニュアルミッションなら自分のタイミングでシフトチェンジできるから気にならないんだろうけど
オートマですからね、自分のタイミングでシフトチェンジできんのですよ。

4速から坂道に入ってアクセル踏んで行くんだが普通ならポンポンとキックダウンしてくれるんだろうけど
これがなかなかキックダウンしてくれなくて失速しちゃったりね・・・。

まぁ
「2」とか「L」に手動でシフトすれば問題ないんだけどね。
jb33 ジムニー 半顔

結局

オートマなのに自分でシフトチェンジしてるし。


まぁ、いろいろ試してはいるんだが

計算通りにはいかないもんですよ。

燈台下暗し。の巻

前から気になっていた家の近所の山道。

ちょっと会社の帰りに寄り道してみるか


jb33 ジムニー

いやもう

かなり楽しめる林道発見。

一人で行ったからスタックしたら即脱出不能に陥るくらい深いとこもあったりして

家からすぐの所で遭難するのも恥ずかしいから

必死こいて走り抜けたので突入前の写真のみ。
プロフィール

タロー

Author:タロー
生きてるだけでみっけもん。
のんびり適当に生きてます。
文才の無い人間が書いてますので
気分を害す可能性もありますが、
ヌルイ目で見てやってください。
リンクフリーですが一声かけて下さいね。



コメ返遅いですが勘弁して下さい。

2016年11月13日 Asahiからタローに改名

最新記事
カウンター
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも一覧

ふるーつばすけっと
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム