FC2ブログ

エアコンをつけるとオーバーヒートする原因を突き止めた。の巻

ジムニーで遠出したときに気づいたんだが

エアコンつけるとオーバーヒート気味になる・・・。

走ってる時はそうでもないんだが止まったり渋滞にハマったりすると
水温計の針がグングン上がってくる。

完全なオーバーヒートではなくその一歩手前。

水温につられてATオイル温度もグングン上がって
水温の補正も入るので一気にパワーダウンして坂道を上がるのもままならない状況に陥る・・・。

こりゃウォーターポンプかサーモスタットが逝ったか?とも思ったが

エアコンをオフにすると何事も無かったかのように水温が下がり
いつもの調子を取り戻す。

1週間程いろいろ悩みリサーチして過去の経験とをいろいろ照らし合わせて

こりゃカップリングファンだな。と踏んだわけだ。
jb33 カップリングファン
今時の車は電動ファン車が多いのでこれは付いてないが
ちょっと古いFR車はだいたいこのカップリングに扇風機みたいな羽が付いてラジエターに風を引き込んでるわけ。

で、このカップリングクラッチの中にはシリコンオイルが入っていて
エンジンから伝わった熱でこの中のシリコンオイルの流動性を変えて
ファンの速度をコントロールしてるわけ。

さてコイツを外すのにはファンシュラウドとラジエターを外さないと車体から抜けないことになってはいるが
ちょっと頭を捻って手首を捻れば上手く取り外せる。
カップリングファン取り外し

で、取り外したファンからカップリングクラッチを抜いてみて
新品と比較。

汚ぇ!
カップリングファン交換

中から滲み出たシリコンオイルにホコリが付着してドロドロ・・・
触った感触はオイル汚れとはまた違うシリコンオイル独特のテラテラ感。

で元通りに組み込んでエンジン掛けて暖気して
エアコンをオンにしたまま開店を上げてみたが

やっぱりコレが犯人だった。

水温ピタっと安定してるし
渋滞や坂道でもエアコンつけっぱなしでも水温は上がることなく安定。

ちなみに

カップリングファンが壊れてるかの確認として
エンジンが冷えてる時に手でファンを回してみるとか
冷間時と走行後のファンの抵抗感で判断するとか
回ってるファンを手で押さえると止まるとかって確認方法があるが

今回の不調程度じゃそれやってもわからないくらいだ。

まぁわかっていたらもっと早くやっていたわけだがね。


ちょっと時間があったので
予備にととっておいたサーモスタットを予防的に交換。
jb33 サーモスタット

で、ついでに家に長期在庫してあった

オメガの906Xぶち込んでやった。
オメガ クーラント




スポンサーサイト



予定は未定・・・。の巻

終わりなきジムニーの整備と手直し

中古車ですからね
誰かが手に負えなくなって手放した車ですし
何せ20年落ちの中古車ですからね

側はそこそこでも中身はポンコツでして・・・

まぁ私自身がポンコツなんで丁度釣り合ってますし
なんだかんだ言って車イジりと維持りは好きです。

炎天下の中エアコンつけて渋滞にハマるとオーバーヒート気味になります・・・。

エアコンオフすればあっという間に水温下がるわけで
でもちゃんとエアコンコンデンサーのファンは回ってるわけで

だいたい原因は察しがついてるので部品注文したわけで
スズキ純正

そりゃね、プロに頼んでお金払えばすぐやってくれますが
自分ができることは自分でやる人間ですので

ま、自分でできるのに工賃払うの勿体ないってーのもありますが

カップリングファンです。
jb33 カップリングファン
今時の車は電動ファンですがね、

何せ古い設計の車なものでカップリングファンです。

コイツに仕込まれたシリコンオイルが温度変化で作用してファンの回転をコントロールする超アナログなシステムです。

いや、もう電動ファン化しろよって各方面から言われましたが
電動ファン買って水温センサー買ってリレー買ってソレに合わせてオルタネーター強化するのもお金がアレなんで
その時が来るまでカップリングファン仕様のままでいこうかなと。

で、コイツを外すのにラジエター降ろすんでついでと言っちゃなんですが

サーモスタットも交換したろかと。
jb33 サーモスタット

はい、これも純正の88℃設定のサーモです。

ローテンプサーモも考えたんですが
アレ失敗すると逆に水温上がりっぱなしになるのであえて88℃のままいきます。

もしかしたら来年の夏までにはローテンプ化するかもですがね(笑)

で、私のジムニーさん
灯火類は全てLED化しとるんですが

どうもあのウインカーに仕込むハイフラ防止の抵抗が気に入りません。

せっかく省電力化してるのに抵抗入れちゃうのもどうかと思ってまして

ましてやどれか1つが壊れたときにどれが壊れたか探すのも面倒なので

LED用ウインカーリレーも購入しましたさよ。
LEDリレー


他にも

クソ暗くて意味をなさないLEDフォグを何とかするため新規のLEDバルブやら

ガタガタに痩せてまともに閉まらないリアゲートのヒンジとか

色々と部品は調達してあるんですが

ソレを取り付ける時間が無い・・・・。

休みの日は何かあったり雨土砂降りでだったり
繁忙期で毎日帰りが遅くて作業できなかったりで

これさえ付けられれば調子は良くなるのに

エアコンだってオンできるのに



調子悪いまま乗ってます・・・。


さて付けてみた。の巻

先日部品を揃えたフォグランプを付けてみた。


まずは元々付いていた傷だらけで曇ってしまった
イカリング付きLEDフォグユニット。
LEDフォグランプ曇り

近くで見ると汚らしいし、遠目で見るとたったこれだけでもパっとしない車に見える。

ボンネット開けてラジエターグリル外してバンパー外して・・・
何度もやってるのでフォグランプユニット取り外しまで10分もかからないね。

で、

ギボシ端子にされちゃったフォグスイッチからの配線・・・
ギボシ男子

ビニールテープで絶縁処理してあったんで粘着剤が溶けてベトベト・・・

コレ個人的に大嫌いなのでこういった部分は自己融着テープを使うようにしている。

で、この端子から純正と同じH11タイプのコネクターに作り直す。
コネクター取り付け


はい、完成。
フォグランプ

見た目も引き締まりましたね。


前照灯補助灯ってか。の巻

ま、よーするにフォグランプである。

中華製の樹脂レンズ
曇りまくって光が散ってどーにもならんし見た目の悪い。
LEDフォグランプ曇り

このタイプのLEDフォグって実際の所
実用性よりもファッション性重視のデイライト的なのも多いしね。

つーわけで

ちゃんとしたガラスレンズのをポチってみた。
フォグランプ
光軸調整もちゃんとできるやつね。

しかし前のオーナーさんが取り付けた時に
純正のフォグランプのコネクターを切ってしまっているため

そのままじゃ取り付けできないわけで

H11バルブにカチッとはまるコネクターを作り直さねばならんので

H11のオス側コネクターも買ってきた。
h11コネクター



どんなもんだかわからない

LEDバルブ。
h11LEDバルブ

100W並みの明るさと謳っている中華製のH11LEDバルブ。

まそこら辺は信用してないので

ダメなら素直に交換すればいい。


どんなもんかは付けて点けてのお楽しみ。



手直し。の巻

ここ最近多忙な日が続いております。

30分とか1時間とか

ちょっと時間ができた時に

ひたすらコツコツと地味に塗装だの調整だのを繰り返して

まだまだ納得できない部分は多々あるけどさ

なんとなくできてきた。
ジムニー ☆

まぁ俺のことですから

一生コレのりますとは言いませんけどね。

ずっとジムニーって車が気になっていたわけで

でもなかなか手が出せない日々が続いてて

ひょんなことからコイツに出逢って

一気に新しい世界が広がったわけで
ジムニー

自分で決めて自分で選んだ世界だから

周りから何でどうしてって言われても

気持ちは揺らぎませんです。

まだまだ知らないことがいっぱいですけどね

いろんな方に教えてもらいながら

楽しんでるわけです。

車を変えたり、路線が変わったりで離れてく人もいるけど

それは仕方ないわけで

そんなん関係ねぇよ!って付き合いを続けてくれる人

ようこそこっちの世界へって迎え入れてくれる人

ウェルカムなわけよ。
ジムニー 2

ただ俺は自分の道を進むだけ。


プロフィール

タロー

Author:タロー
生きてるだけでみっけもん。
のんびり適当に生きてます。
文才の無い人間が書いてますので
気分を害す可能性もありますが、
ヌルイ目で見てやってください。
リンクフリーですが一声かけて下さいね。



コメ返遅いですが勘弁して下さい。

2016年11月13日 Asahiからタローに改名

最新記事
カウンター
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも一覧

ふるーつばすけっと
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム