似て非なり。の巻

ダンエレクトロさんから面白いギターが出たね。

The64 だって。

The64

まんまモズライトじゃん!

凄く言い方失礼だけどダンエレクトロってチープなギター作るメーカーだなぁなんて
そのくせ妙に手に取ってみたくなるようなイメージしかなかったんだけど、

ちょっと本気でサーフロックしてきたんじゃないかい?ってさ。


俺もベンチャーズ聞いて育ってきたからモズライトには思い入れみたいなのはあるんだけどね、
どうもあのネックの細さとかブリッジやアームの癖みたいなのが苦手でさ、
黒雲とかフィルモアとかセミ・モズれー亡き後の版権問題なんちゃらが嫌でね
どれも買ってみたけどしっくりこなくてね・・・

多分だけど俺と同じような思いしてる人も居ると思うよ。

モズライトのあの形、ジャーマンカーブとかアームの感触や0フレットは憧れるけど
モズライト買う程でもないって人。

そういう人にはイイんでないかな?

The 64

好きなように改造とかできるしね。
スポンサーサイト

コレ、どうにかならんのかね?と常々思ふ。の巻

最近常々思うことがあるんだよね。

若い頃は1曲覚えるのも飲み込みが早く、一度体が覚えるとそう簡単に忘れなかったんだが

近頃は覚えるのも時間掛かるし忘れるのも早い。

ジジィ化が進んだのかそれほどの情熱が無くなったのか・・・
そうならんように極力毎日ギターに触れるように心がけてるワケ。

まぁそうやって毎日ギターを弾いてるわけだが
どうしても避けられないのが弦の劣化

個人的には新品の弦の音より
ちょっとヤレてきたソリッド感が無くなってきた弦の音のほうが好きなんだけどね(笑)

度を越えると音の伸びや艶が無くなってきたりチューニングが安定しなくなったり錆びたりと、
まぁそうなったら当たり前だが交換になるわけだが、

何せこの本数ですからね
ギター
一気に交換時期が来るとお財布が自己破産する。

コレクターじゃないからね、
いろんなジャンル弾くしレギュラーチューニングだったり1音下げや2音下げ、オープンEだったり

一応自爆しないように一気に交換にならないように
わざと偏って弾いてるようにしてるんだが
稀に同時期に全部弦交換になる時がある。
ベースまでとなると福沢諭吉が飛んでくからね。
潤沢なお小遣いがある人なら気にしないだろうが

限りある資源の中でやってますからね。

新しい弦
弦くらいで小せぇこと言ってんじゃねぇよ!って?


余計なお世話だお財布事情は人それぞれじゃ!


でだ、

この古くなったギターの弦、
物体ねぇなと思うことありません?
古い弦

ギターの弦としては使えなくても、コレ一応金属だしさ、ワイヤーだしさ、
何かエコロジーじゃねぇなとか思っちゃうわけよ。

だからって何かに使えるわけじゃないんだけどね。

ベースアンプ。の巻

ベース鳴らす時用に

このVOXのStompLabを買ったんですがね、

vox stomplab IB

ま、そこそこいい仕事してくれるわけですよ。

ベースアンプを持ってないんでね、
コイツのアンプシミュレーターとキャビネットシミュレーターを使って
モニターから音を出してたんですがね、

忘れちゃいけませんぜ、
ワタクシが極度の面倒臭がりさんだって事を。

ベースを出す、シールドを繋ぐ、コイツのACアダプターをコンセントに挿す、
で、シールドをモニターに挿す、モニターのACアダプターをコンセントに挿す。

非常に面倒臭い。

準備してる間にやる気が失せる。

どんだけだよ!

まぁ俺様そんなもんさ(笑)

ベースぶっ挿して電源ONで鳴らしたいんだよね。

間にいろんなもん繋げるのが嫌いなわけさ。

でもベース鳴らすんなら最低でもコンプは欲しいなぁ~なんて。

そこら辺付いてるベースアンプで家で鳴らせるモノなんて数が限られてる。



毎度のLINE6

line6 lowdown
LOWDOWN15

別にLINE6信者なわけじゃないんだけどさ

最終的にコレになっちゃうんだよね。

それなりにデカい音で鳴らせるんならもっと選択肢は広がるんだけどね、

自分の家で鳴らせるギリギリの音量で鳴らすとなるとココに行きついちゃうワケ。

ちょっと変なZOOM G2.1uの使い方。の巻

パソコンでギターを鳴らすためにオーディオインターフェイス代わりに入手したZOOMのG2.1u

エフェクトの他にアンプシミュレーターやキャビネットシミュレーターも付いてくれてるので
そこら辺のプラグインをインストールする必要も無いから楽だし
深夜のヘッドホン練習の際の一般的なギターアンプにヘッドホン挿した時の
あのシャリシャリした変てこりんな音で気分が萎えるのも解消できる。

でもそれだけの為に使うのも面白さがないから
ちょっと違う活用法を考えた。

ワタクシのエフェクターボードは基本的かつ単純な仕様だ。
エフェクターボード


バッファーコンプアンシュミリバーブのみ。

まぁこれだけで個人的にはじゅうぶんなんだけど、

やる曲によってはオクターバーだのコーラスだのワーミーペダルだの
ちょっとした飛び道具的なものや色付けが欲しいときが稀にある。

で、

コイツの出番なワケ。

zoom g2.1u

この中に入ってるエフェクトの中の1つだけを単体で使う。

ただ、このZOOM G2.1u
ON/OFFができないわけだ。

ふたつのSW同時押しでバイパス・ミュートはできるんだけど演奏中のSW同時押しはね・・・
なもんで空のチャンネルを作っておくわけ。

例えばユーザープリセットの
A0は空、A1にオクターバー、で今度はA2を空にしてA3をロングディレイ
A4をまた空にしてA5にまた違うエフェクトを単体で入れて状況に応じて踏みかえてくと。

自分の場合ユーザープリセットの
A0~9をパソコンに繋げた時用のセット
b0~9をアンプに繋げた時用のセット
c0~9を単体エフェクト用のセットにして
d0~9は適当・・・

にセットしてる。

まぁ、
使い方は無限大なんだけどね。

予想以上。の巻

最近、ちょっとパソコン使ってギター鳴らしてみたいなと、

ただ興味が湧いただけで別に深い理由なんてない。

20代の頃は16トラックのマルチレコーダー買ってドラムマシン買って
1日中家に籠ってケーブルに埋もれながら宅録やってましたがね、
もうこの歳になったらそんな情熱も時間も気力も無い。

ただ最近のアンプシミュレーターソフトとかレコーディングソフトがどんだけスゲーのか試してみたいだけ。

で、まずパソコンにギターを接続するにはオーディオインターフェースを買わないとなとね。

ま、俺にとっては未開の地なのでネットで検索しまくって

ZOOM G2.1u をインターフェースとして使おうと。
zoom g2.1u その1
コイツをマルチエフェクターじゃなくオーディオインターフェースとして使う作戦。

ほぼほぼ未使用の箱入り取説付き付属品付きで3千円。

まぁ古い機種だがお買い得っちゃお買い得。


USBケーブルを買い忘れたんで
試しにモニターに繋いで遊び程度に音出しをしてみたんだが

おおっ!かなり使えるね!コレ。
zoom g2.1u その2

以前持ってたBOSSのME-50が全く使い物にならないマルチエフェクターだったもんで
ここ数年マルチエフェクターを敬遠してたんだけどね、

クリーン~クランチまではLINE6のPOD2.0以上だね。

歪みはやアンプシミュレーターに関しては互角かな?

キャビネットシミュレーターやマイクシミュレーターも付いてるから
深夜のヘッドホン練習も違和感なく音だせるかなって感じ。

ま、

普段は漢のアンプ直挿しだけどね(笑)

スタジオ用はいつもの
こっちだけどね。
エフェクターボード
プロフィール

タロー

Author:タロー
生きてるだけでみっけもん。
のんびり適当に生きてます。
文才の無い人間が書いてますので
気分を害す可能性もありますが、
ヌルイ目で見てやってください。
リンクフリーですが一声かけて下さいね。



コメ返遅いですが勘弁して下さい。

2016年11月13日 Asahiからタローに改名

最新記事
カウンター
ブロとも一覧

ふるーつばすけっと
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム