SQUIER Vintage Modified Jazzmasterがやってきた!の巻

買ってもうたよ。

ジャズマスター。

スクワイヤーだけどね(笑)


憧れは65年だか66年のブロックインレイ、ネックバインディングのサンバースト。
でもそんな高価なヴィンテージ物は俺には買う余裕なんてあるわけナッシング。
勿論だが現行のUSAだって買えない。


本当は現物を見て買いたかったんだが
どこにも在庫が無かったのでネットショッピング。

木目が見えるカラーのギターをネットで買うのは結構勇気が要る。
とんでもない木目だったときの痛さは半端ないものがあるからね。

勇気を持ってポチっとしたわけだが


何とも言えない個性的な木目のが届いた(笑い)
ジャズマスター
SQUIER Vintage Modified Jazzmaster

フェンダージャパンやメキシコじゃなく、あえてスクワイヤー狙い。

理由は単純明快、
指板のRとフレットとピックアップ。

9.5Rの指板とミディアムジャンボフレット
ジャパンより断然ジャズマスらしい音が出るダンカンデザインのピックアップ。

正直、昔はスクワイヤーなんてフェンダーのセカンドブランドだろ?なんてナメてかかってた。
でも最近の中華製じゃないインドネシア産のスクワイヤー。

なかなかしっかりしてまっせ。

さすがに
ドン・ウィルソンばりの音は出ないが
ボブ・ボーグルっぽい音は出るね。

それにしてもこの動画↓


ドン・ウィルソンのバッキングの音、凄いわ。
さすがミディアムーゲージだけあるね。

ノーマルブリッジであんだけ掻き鳴らしても弦落ちしないし。

やっぱりぶっといゲージでテンション掛けて
ぶっとい音出したほうがソレっぽいんだろうなー。


スポンサーサイト

禁断の果実みたいな。の巻

最近とっても気になるのが

ジャズマスター。である。
ジャズマスター

いまだに所有したことがない。

所有する機会は幾度とあったが決断するには及ばずでね

なんて言うのかなぁ〜

高嶺の花っつーか、禁断の果実ってーか、

まだ自分には似合わないかな?なんて思ってたんだよね。


そうそう、

俺ん中のジャズマスターって言えば
ドン・ウィルソンなんだよね。
ドン・ウィルソン

ベンチャーズのライブに何度か行ったことあるんだが

俺にはジャズマスター買ってもあの音出せねぇなと。



でもね、
最近思うようになってね。

別にジャズマスター買ってドン・ウィルソンと同じ音出す必要ないじゃん。と。




そう思った途端に

物欲全開!(笑)

どツボにハマる。の巻

いつもはVOXの真空管アンプ(型番忘れた)を使ってるんだが
ここ最近引っ張り出してセットするのが面倒臭くてね、

嫁さんのVOX mini3って小さいトランジスタアンプで鳴らしてたわけ。
vox 3
ま、ちっこい割にはいろんなアンプのモデリング機能が付いてて
そこそこイイ音出してくれるんで重宝してるわけよ。

ちょっとここでアンプのお話ね。

真空管アンプとトランジスタアンプのどっちがいいかなんて何十年も前から話や論争のネタになっていて
まぁ俺からしてみたら甲乙つけられないわけで、
真空管の優れてる部分もあればトランジスタの優れてる部分もある。
エリック・クラプトンとスティーヴィー・レイ・ヴォーンのどっちが優れたギタリストかで言い争うようなもの。
だと思っている。

まぁアンプたるもの
単純に信号を増幅して音として出力するもの
トランジスタアンプはピックアップから拾った音をそのまま増幅してくれるので
簡単に言えばそのギターの個性をそのまま出すことができるわけよ。

真空管アンプはチューブ特有の温かみやコンプレッションや歪みが素晴らしいわけよ。
本来アンプの目的である信号の増幅って点から言えば、
歪ませたり、丸みのある音になるってーのはただの劣化
ただ、エレキギターの音を出すってことに限定すれば
その劣化とも言える音の変化がチューブアンプの特徴でもありいい部分。

で、話を戻そう。

ここ最近そのトランジスタアンプでずっと鳴らしてきてわけなんだが
ギターによってピックアップの性能や音のほんのちょっとした減衰が
気になる部分が出てきたわけで、
ギター

あ、これはピックアップ換えたほうがいいな。とか、
こっちはもうちょっとセッティング変えなきゃな。と

いろんな不満や欲求が出てきたわけだ。

で、ある程度方向性が決まった段階で

もしかして違うアンプで鳴らしたら同じ不満が出るのかな?と

真空管のほうにプラグインして鳴らしてみたら、

もうワケがわからん。になってもうた。


トランジスタで気になるピックアップへの不満や音の減衰は気にならない代わりに
違う部分での不満や違和感が出てしまった・・・。


今までそこら辺割り切れてたのになぁ~


ま、いつも使うアンプに合わせるのが結局一番なんだけどね


楽器って、単に機能だけでどっちが優れてるかなんて言いきれるものじゃないし
アンプとセットで初めて音が出せるわけだからね。



良いも悪いも好きも嫌いも結局は自分基準。の巻

まぁ、さらっと聞き流してくれ。

コレ読んで『オマエはその程度か。』とか『本物を知らないヤツだね。』と、
そう思う人も居るだろうがソレはソレで仕方ない。
うんうん、と頷いてくれる人が少数居るだけで嬉しいものだ。


こだわりのラーメン屋よりいつも同じ味を提供してくれるチェーン店のほうが好き。
世界三代珍味より鶏レバーやエノキやタラコのほうが好きである。

さて、先日遊びで組み上げてみたら結構好みの音が出ちゃったストラト
ストラト ホワイト 1
正直言ってクオリティはかなり低い。

それなりのいっちょ前な部品で組み上げたがソレは全てジャンクパーツ。
ストラトの音がするのかと言ったら”それっぽい音”がするだけで
オールドや老舗のそれと比べたら別物。

でもいいんだよね。

俺の好みの音が出てるから。

良いギターの定義なんてーのはそれなりに確立してるが
良い音の定義なんてーのはひとそれぞれだからね、他人に押し付けちゃいけない。

ジェフ・ベックの音が最高だと言う人も居れば、
スティーヴ・ヴァイの音が最高だと言う人も居る、
またその逆も然り。

このマイティマイト製のネックを入手したときからそうだったんだが
前の持ち主がツバ出し22Fが嫌いだったかそのギターに付けられなかっただかで
雑にぶった切ってある。(だからジャンクだった)
白ストラト 01
それとは別にピックガードのほうは元々ツバ出し22Fだったのかそこだけ紫外線にやられてない。

普通なら気になって仕方ない部分なんだろう、

俺もちょっとは気になるんだか
そんなことはどうでもいい。
飾るわけじゃないし、見せびらかすものでもないからね。

白ストラト 02
ネックも薄っすらとキルトとバーズアイが出ている

正直中途半端だがどうってことないワケ。

白ストラト 03

ブリッジも11.3mmピッチのUS規格のスチールブロックなんだけど出処は不明
PUも台湾製のくせに手巻き、アルファのフツーの250KΩに国産のシールド型SW
そのくせ耐圧600Vのオレンジドロップの0.02にベルデンワイヤーとオールドの半田

ニコイチ、サンコイチの中途半端。

オールドのレスポールやストラトやジャズマスやらを所有したことあるんだけどさ

いい音はするんだけど、ちょっと気に入らないとイジっちゃうし
勿体無くて大事にし過ぎちゃうんだよね。
(貧乏性だからさ)

人前で披露するわけじゃないし
自分が楽しく弾ければいいだけの問題だから。

高級ギターのしっかりした音も好きだし
それなりのギターも音の出し方によっては最高にご機嫌な音にもなる。

例えばハンバーガーの話に例えると、
高級店のこだわりのハンバーガーは食べるが
ファストフードのハンバーガーは美味しくないと言う人もいるし、

ファストフードのハンバーガーを食べ慣れてるせいか
高級なお店のハンバーガーはなんだか美味しいとは思えないと言う人も居る、

いやいや、高級店の味は高級店の味、
ファストフードの味はファストフードの味なんだから
比べるもんじゃない、どっちも好きだって人も居るだろう。

ようは
そこら辺の感覚なんてものは人それぞれってこと。



ざっくり変更。の巻

メインからサブのまたサブ(練習用)に成り下がった白ストラト。

ずっと抱えていた漠然としたモヤモヤ感


もうやったれー!

てなわけでボディ交換してみた。
ストラト ホワイト 1

アルダー材から20年近く枯らしたバスウッドへ。

2日間作業台の上での移植手術。

ピックアップアッセンブリーもネックもブリッジも移植したから変わってないはずなのに

抱えたときの感触はかなり違うね。

1.6kgのアルダーから1.3kgのバスウッドへのグレードダウン。

やってみるもんだ、

こっちのほうが好みの音だ。
ストラト ホワイト 2

ディック・デイルみたいな音。



練習用に成り下がったから遊び半分でやってみたんだけど

良い方向に行ったようだ。


ま、高価なギターには及ばないケドね、
いろんな要因で良い方向に行ったんだろうな。


プロフィール

タロー

Author:タロー
生きてるだけでみっけもん。
のんびり適当に生きてます。
文才の無い人間が書いてますので
気分を害す可能性もありますが、
ヌルイ目で見てやってください。
リンクフリーですが一声かけて下さいね。



コメ返遅いですが勘弁して下さい。

2016年11月13日 Asahiからタローに改名

最新記事
カウンター
ブロとも一覧

ふるーつばすけっと
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム