リバーブはピチャピチャに限る。の巻

ハードロックやメタル、ミクスチャーやらパンクやら
何でもござれでやっとりますが、

元はサーフロック系出身なもんで

クリーンで弾く時は先日記事にしたコンプも大事だが

リバーブは必需でございます。
アンプに標準で付いてるリバーブやマルチエフェクターに付いてるリバーブじゃ
あの独特のピチャピチャ感は出ないわけで、

ま、真空管のスプリングリバーブが最高なんだが
メンテナンスも大変だし部屋に置いとくにもデカいし何より重い。

で、コレ。


扱いやすさとサウンドはSolidGoldFXMXRだね。




たまんねぇな、このピチャピチャ感
スポンサーサイト

コンプ。の巻

クリーントーンでギター弾くときは
結構コンプレッサー使う派です。

昔、
コンプなんて使う奴はピッキングコントロールが出来ない下手な奴が使うエフェクターだなんて言われましたが、

いやいや、
そうじゃなくてね、

コンプで圧縮した独特なサウンドもアリなワケよ。
MXR Dyna Comp



たまらんよ、この音。


てかさ、
この動画、

思いっきりテレキャスターサウンドだよね。
たまんなく好きだなぁ。

トーンコントロールも一切無いヴォリューム1発のチューブアンプに
コンプ繋いだだけの超シンプル。

素人がこの状態でコンプ繋いでも
この音は出せねぇだろうなぁ~。

スクワイヤーさんプチ変更。の巻

ちょいと前に手に入れたスクワイヤーヴィンテージモディファイドののストラト

思ったより使えるじゃんってことで
ちょっとずつ手を加えて遊んでたワケよ。
スクワイヤー ヴィンテージモディファイ ストラト 2

ま、これはこれで良かったんだけど

人間欲の塊なわけで
不満点を改善したくなるんだな。

ま、ど~んとお金出しちゃえば一気に片付くんだけど
地道に貯めた小遣いとできるだけ安く部品を手に入れるべく探す努力
これが実った時の喜びは一気に金出してやったソレとはまた違う喜びなワケで

はい、完成。
スクワイヤー ストラト ピックアップ交換
Duncan TB-4とSSL-2ね。

ダンカン純正のシングル用クリーム色カバー探すのに思いのほか時間が掛かったさよ。
ついでにノブとかもクリームで統一。

前回はハムバッカーのハイ落ちを懸念して500kΩのポッドを使ったが
ボディがあまり鳴らないのと思ったよりハイがキンキンしちゃったので
ヴォリュームをCTSの250kΩのBカーブ、トーンは同じくCTSの250kΩ
コンデンサーはオレンジドロップからキシリトールガムにグレードダウン。

ダンカンのTB-4やSH-4はあえて250kΩを使うのもありって説明は本当だったね。
ストラトにコレ載せるんなら250kΩのほうがソレらしいサウンドになるんだなと。
スクワイヤー ストラト ピックアップ交換 2

まぁピックアップの好みは人それぞれだから何とも言えないが俺はダンカン派

レギュラーチューニングにはSH-4かTB-4
ダウンチューニングにはSH-6かTB-6

で、コイツにデフォで付いてたダンカンデザインのHB-102
残念なことにディンキーさんにいてたHB103が断線しちまったのでそっちに移植
ディンキー ダンカンデザイン HB-103
見た目は何も変わらないケドね(笑)

帰ってきたレスポール。の巻

本日フレット交換に出していたゴールドトップのレスポール
通称スケベ椅子、が戻ってきました。

レスポール フレット打ち換え

トラスロッドの調整やオクターブ調整
ピックアップの交換や配線は自分でできるけど

さすがにフレット交換とか指板修正はできないので

プロの方にお願いしました。


Heavy Gauge Guitars
http://heavygaugeguitars.com/?page_id=946

引き取りに行く前に電話があって
1弦のローフレットあたりでトラスロッドが共振してるかも?って電話があってね

量産のギターにたまにあることらしいんだけど
トラスロッドの仕込みの溝とトラスロッドの間にほんのちょっと隙間があって
弦を鳴らすとネックが鳴った時にロッドが共振してしまうことがあるらしいのよ。

弾きながら聴診器とか当てるとほんの微かに聞こえるらしいんだけど

僕にはわかりません!

ネック調整してジャンボフレット打ち換えて
指板修正してもらって牛骨ナット交換してもらって
ギリギリまで弦高低めにセットしてもらって

生まれ変わりましたとさ。
リフレット レスポール

さぁ、

これからガンガン弾くぜよ!

ダンカンデザインHB-103。の巻

ダンカンデザインピックアップ。

セイモアダンカンがライセンスを与えたOEMピックアップね。
エントリークラスやミドルクラスのギターに標準で付いてることもあるんだけど
コイツ、日本じゃ単品販売してないんだよねぇ・・・
https://www.seymourduncan.com/blog/product-news/duncan-designed-pickups?close-mud-slide-warning=yes

1個余ってたんで

ウチのディンキーさんに付けてみた。
ディンキー ダンカンデザイン HB-103
Duncan Designed Pickup HB-103

本家のセイモアダンカンで言うところのSH-6
SH-6ダンカンディストーションのトレムバッカーTB-6ね。

歪ませた時の音の分離もいいし
かなりゲイン上げても音が潰れないね。
レギュラーチューニングより1音下げとか2音下げチューニングに向いてるかも。

ほぼTB-6の音

ブランドネームに拘らなければ

かなり使えるピックアップだと思うよ。
プロフィール

タロー

Author:タロー
生きてるだけでみっけもん。
のんびり適当に生きてます。
文才の無い人間が書いてますので
気分を害す可能性もありますが、
ヌルイ目で見てやってください。
リンクフリーですが一声かけて下さいね。



コメ返遅いですが勘弁して下さい。

2016年11月13日 Asahiからタローに改名

最新記事
カウンター
ブロとも一覧

ふるーつばすけっと
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム