結局換えてやがるし。の巻

結構ピッキングは強いほうである。

ネックの角度、ブリッジやトレモロユニットの調整と
最低でも.010∼.046のレギュラーゲージを使えば
バズストップバーやTOMブリッジに変更しなくても
弦落ちは抑えられるのはわかった。

なによりも
このネジっぽいブリッジが好きだから
できることなら換えたくないわけよ。
ジャズマスター ブリッジ
このやたら共振したりする出来の悪いブリッジだからこそのジャズマスターなわけで



とかなんとか言ってますが


念のため買っておいた定番のムスタングブリッジを付けてみたんよ。
ムスタングブリッジ

ちょいサスティーン増しで
共振はほんのちょっと減って
マイルド感は増したような・・・。

多分気のせい

違いのわからない男だからね。



やっぱり


見た目はジャズマス標準ブリッジがいいなぁ。
スポンサーサイト

そてではジャズマスターの調整でもしてみるかな。の巻

弦落ちするとかサドルが回っちゃうとか、
サドル調整のイモネジが演奏中にどこか行っちゃうとか
色々言われてるジャズマスターだが

ちゃんと調整してやったらぜんぜんそんなことはない。

どうなんだろ?と。

先日届いたジャズマスター
お値段安めのギター全般に言えることなんだが
コストを下げてるだけあって最後の詰めが甘い。
ネックは逆反りしててオクターブもトレモノの調整もアバウト
そこら辺は重々承知の上だから
ちょちょいと調整して2日程弾き倒したが
言う程酷くないんだよね。
ジャズマスター 1

まぁジャズマスターを所有するのはコレが初めてだから勉強がてら
いろんな状態のジャズマスターを見に御茶ノ水へ行ってみた。

初めて知って気が付いたんだが
あのネジを切って横にしただけのブリッジサドル
1,2弦と3,4弦と5,6弦であのネジのようなサドルのピッチが違うのね。
スクワイヤーは1〜3弦と4〜6弦が違う2種類のピッチなのね。
ジャズマスター ブリッジ
で、中古にあったのがこのサドルが間違って付いてるやつが数本あった。
何かしらの理由(高さ調整ができなくなってサドルごと交換したとか)で
サドルを交換して6弦側にネジピッチが狭いサドルになってしまってるとか・・・。

でトレモロの弦を通すとこの穴のピッチ
USAはブリッジの弦ピッチと同じなのに対しジャパンは極端に狭い
これだと内側方向に弦のテンションが掛かって弦落ちしやすいかと。
俺はやってないからわからんがUSAのトレモロに交換すれば
少しはオリジナル状態のまま弦落ちは少しは防げるかと。
ちなみにスクワイヤーはジャパンより広くUSAよりちょっと狭い感じで
ジャパンのユニットより弦落ちしにくくなってるね。

とりあえず
トレモロユニットのスプリングを締め込んでできるだけテンションを稼いでみた。
(スクワイヤーはトレムロック無し)
で、サドルの真ん中に弦がくるようにするんじゃなく
トレモロ・ユニットの弦通し穴とできるだけ平行になるように
全体的に内側に弦を置くようにしてみた。

ブリッジプレートを下げてサドルで弦高調整して
サドルのミミに弦が当たってバズらないようにセット

元々テンションが低いので自分が耐えれれる程度の太い弦にしてみた。

で、サドルがヒックリ返ってしまう原因のひとつが
サドルのイモネジのテンションじゃないかとも思う。
極端な例だがコレ↓
ダメな例
指板のRに合わせてサドルも弧を書くようにセットしてる人が居るだろうが
これだと弦を張って上からテンションが掛かったときサドルがひっくり返る方向に力が掛かってしまうし
弦の振動でこのイモネジが簡単に緩んでしまう。
弦高を調整したときに調整用の六角レンチでイモネジのテンション感を確認しながら
ふたつのイモネジに同じトルク感があるように調整すればサドルはひっくり返らないんじゃないかと。


ある意味悪あがきかもだけどね(笑)

ま、バズストップバー付ければいいんだろうが
個人的にあの見た目が好きじゃない。
バズストッパー

これでダメなら




ムスタングブリッジに変更
ムスタング ブリッジ
だと思って買っておいたが

いまのところ出番はない。


SQUIER Vintage Modified Jazzmasterがやってきた!の巻

買ってもうたよ。

ジャズマスター。

スクワイヤーだけどね(笑)


憧れは65年だか66年のブロックインレイ、ネックバインディングのサンバースト。
でもそんな高価なヴィンテージ物は俺には買う余裕なんてあるわけナッシング。
勿論だが現行のUSAだって買えない。


本当は現物を見て買いたかったんだが
どこにも在庫が無かったのでネットショッピング。

木目が見えるカラーのギターをネットで買うのは結構勇気が要る。
とんでもない木目だったときの痛さは半端ないものがあるからね。

勇気を持ってポチっとしたわけだが


何とも言えない個性的な木目のが届いた(笑い)
ジャズマスター
SQUIER Vintage Modified Jazzmaster

フェンダージャパンやメキシコじゃなく、あえてスクワイヤー狙い。

理由は単純明快、
指板のRとフレットとピックアップ。

9.5Rの指板とミディアムジャンボフレット
ジャパンより断然ジャズマスらしい音が出るダンカンデザインのピックアップ。

正直、昔はスクワイヤーなんてフェンダーのセカンドブランドだろ?なんてナメてかかってた。
でも最近の中華製じゃないインドネシア産のスクワイヤー。

なかなかしっかりしてまっせ。

さすがに
ドン・ウィルソンばりの音は出ないが
ボブ・ボーグルっぽい音は出るね。

それにしてもこの動画↓


ドン・ウィルソンのバッキングの音、凄いわ。
さすがミディアムーゲージだけあるね。

ノーマルブリッジであんだけ掻き鳴らしても弦落ちしないし。

やっぱりぶっといゲージでテンション掛けて
ぶっとい音出したほうがソレっぽいんだろうなー。


禁断の果実みたいな。の巻

最近とっても気になるのが

ジャズマスター。である。
ジャズマスター

いまだに所有したことがない。

所有する機会は幾度とあったが決断するには及ばずでね

なんて言うのかなぁ〜

高嶺の花っつーか、禁断の果実ってーか、

まだ自分には似合わないかな?なんて思ってたんだよね。


そうそう、

俺ん中のジャズマスターって言えば
ドン・ウィルソンなんだよね。
ドン・ウィルソン

ベンチャーズのライブに何度か行ったことあるんだが

俺にはジャズマスター買ってもあの音出せねぇなと。



でもね、
最近思うようになってね。

別にジャズマスター買ってドン・ウィルソンと同じ音出す必要ないじゃん。と。




そう思った途端に

物欲全開!(笑)

どツボにハマる。の巻

いつもはVOXの真空管アンプ(型番忘れた)を使ってるんだが
ここ最近引っ張り出してセットするのが面倒臭くてね、

嫁さんのVOX mini3って小さいトランジスタアンプで鳴らしてたわけ。
vox 3
ま、ちっこい割にはいろんなアンプのモデリング機能が付いてて
そこそこイイ音出してくれるんで重宝してるわけよ。

ちょっとここでアンプのお話ね。

真空管アンプとトランジスタアンプのどっちがいいかなんて何十年も前から話や論争のネタになっていて
まぁ俺からしてみたら甲乙つけられないわけで、
真空管の優れてる部分もあればトランジスタの優れてる部分もある。
エリック・クラプトンとスティーヴィー・レイ・ヴォーンのどっちが優れたギタリストかで言い争うようなもの。
だと思っている。

まぁアンプたるもの
単純に信号を増幅して音として出力するもの
トランジスタアンプはピックアップから拾った音をそのまま増幅してくれるので
簡単に言えばそのギターの個性をそのまま出すことができるわけよ。

真空管アンプはチューブ特有の温かみやコンプレッションや歪みが素晴らしいわけよ。
本来アンプの目的である信号の増幅って点から言えば、
歪ませたり、丸みのある音になるってーのはただの劣化
ただ、エレキギターの音を出すってことに限定すれば
その劣化とも言える音の変化がチューブアンプの特徴でもありいい部分。

で、話を戻そう。

ここ最近そのトランジスタアンプでずっと鳴らしてきてわけなんだが
ギターによってピックアップの性能や音のほんのちょっとした減衰が
気になる部分が出てきたわけで、
ギター

あ、これはピックアップ換えたほうがいいな。とか、
こっちはもうちょっとセッティング変えなきゃな。と

いろんな不満や欲求が出てきたわけだ。

で、ある程度方向性が決まった段階で

もしかして違うアンプで鳴らしたら同じ不満が出るのかな?と

真空管のほうにプラグインして鳴らしてみたら、

もうワケがわからん。になってもうた。


トランジスタで気になるピックアップへの不満や音の減衰は気にならない代わりに
違う部分での不満や違和感が出てしまった・・・。


今までそこら辺割り切れてたのになぁ~


ま、いつも使うアンプに合わせるのが結局一番なんだけどね


楽器って、単に機能だけでどっちが優れてるかなんて言いきれるものじゃないし
アンプとセットで初めて音が出せるわけだからね。



プロフィール

タロー

Author:タロー
生きてるだけでみっけもん。
のんびり適当に生きてます。
文才の無い人間が書いてますので
気分を害す可能性もありますが、
ヌルイ目で見てやってください。
リンクフリーですが一声かけて下さいね。



コメ返遅いですが勘弁して下さい。

2016年11月13日 Asahiからタローに改名

最新記事
カウンター
ブロとも一覧

ふるーつばすけっと
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム