ペグ交換してみたんだ。の巻。

ちょっと前に遊び&練習用に買ったエピフォンのレスポール。

アタリ個体だったのとダンカンのSH-4のおかげでなかなかイイ音出してくれてるのね。
エピフォン レスポール
妙に愛着湧いてたりもします。

この手のリーズナブルなギター(決して安物とは言わない)の欠点のひとつなんだけど、
ペグがダメ

巻いてく方向にはいいんだけど緩める方向にはまるでダメで、
まぁ必ず巻いてく方向にチューニングしてけば狂いは少ないんだけどね。

ただテンションの緩いダウンチューニングとかだと安定しないワケよ。

で、

先日御茶ノ水に遊びに行ったときにたまたまワゴンセールで見つけた

1000円で売ってたPRS純正ロトマチックタイプのペグ
PRSペグ

エピフォンのギターなのにポールリードスミスのペグ、



全く気にしない。


てなわけで早速エピフォン純正のクルーソンタイプのペグを取り外す。
エピフォンヘッド
裏側の12本のネジを外せば簡単に外れますがな。

ただちゃんとプラスのネジ頭に合ったドライバーを使ってね。
結構ドライバーなんて何でもいいなんて考えでやってネジ頭潰しちゃう人多いから。

ヘッド表面にブッシュがの残ると思うけど
裏側からサイズの合う棒なりでコツンと叩くと外れるよ。

人様のギターやるときはプレスや万力でちゃんとやるけど
自分のだから穴に合う適当な棒突っ込んで裏から掌底一発(笑)

さて、クルーソンタイプのペグからロトマチックタイプのペグに変更するときには
8mmから10mmに穴を拡大しなきゃならないわけだが

これも裏から10mmのドリルで1発。
ペグ穴あけ

本来なら角度をちゃんと合わせて表面の塗装を割らないように
表面側は8mm穴のまま裏からペグの芯が入る部分まで慎重に10mmでやるんだが

そこは経験と勘という名の適当。

あとは開けた穴に新しいペグを差し込んで位置決め。

斜めになるとカッコ悪いし愛着も半減しちゃうから慎重に位置決めして
ヘッド表面側の6角ナットを締めてくワケだ。

ペグ取り付け

位置が決まったら裏側の固定のプラスネジ6本を留めてくんだけど


絶対に下穴を開けてね。

マホガニーネックならまだしもメイプルネックなんかだと
木の硬さに負けてネジ山絶対潰すから。
締めてる途中でネジ山潰したり折れたりしたら
そこからリカバリーするの大変だからね。

で、

元々クルーソンタイプが付いてた穴と
ロトマチックタイプのペグじゃ穴位置が違うから

穴が残ります・・・。
ペグ取り付け裏側

ここも本来だったらネック材と同じマホガニーの棒を制作して
穴埋めしてタッチアップするんでしょうが


自分のだから気にしない。

気になる人はちゃんとお金払ってプロに頼んでくださいな。

ただ、プロに頼む以上は彼らもそれなりの拘りやプライド持って仕事してるので
文句言ったり値切ったりするんじゃないよ!

工賃は仕事の対価だからね。

値切るんだったら自分でやってみろ。
その工賃の価値が理解できるから。

あと、

クルーソンタイプからロトマチックタイプのペグに換えると

音も変わるからね
スポンサーサイト

結局入手。の巻

ギター&ベース用チューナーだと

E-A-D-G-B-Eしか合せられず

半音下げやCやFを使う1音下げチューニングに苦労し
今さら買うのもどうかと思いスマホにチューナーアプリを落としてたんだが


結局買ってるわけ
クロマチックチューナー
BOSSのTU-12って古いタイプのクロマチックチューナーね。
(ちなみに中古で1000円)


ま、個人的には基準となるAの440Hzがキチンとしてればいいわけよ。


ギターの場合、構造上
解放弦でどんなにきっちりチューニングしても

ブリッジやフレット、弦高の兼ね合いで
どこかで必ず狂うから
ブリッジ

ナットやブリッジ、ペグや弦高、ピックアップ高の調整はきっちりやるのは前提で

他のギタリストはどうやってるか知らないけどさ、

一旦解放弦でばっちりチューニングしてから
一番使うポジション近辺で微調整


絶対的な数値より気持ちの良い音の感覚重視。

ドロップCの弦。の巻

先日、1音下げのドロップCをやるために

ヘビーボトム弦を買ったわけで
ディンキーさん

まぁテンション感はあるし、

ぶっ太い音は出るんだが




何か違う。





ネットで009~046なんかでダウンチューニングやったら
まともな音が出ないとかビビッてしまうとか意見があったが


試しにやってみた。
テレ

ぜんぜん問題なし!


てか、
こっちの弦のダルさからでる低音のほうが
歪ませたときのヘビーさが気持ちいいね。



ギターラック


試しに全部のギターでやってみたんだが

ジャズマスター以外はぜんぜんオッケーだった。
(ブリッジの問題でね)



ネットで言うほどダメじゃないよ。




灯台下暗し。の巻

先日、ギターのダウンチューニングの話をしたが


ワタクシ、
クロマチックチューナーを持ってない



持ってるのは
ギター/ベースチューナーという
E-A-D-G-B-E
にしか対応できないやつのみ。
チューナー

なので

半音下げや1音下げチューニングのときは
かなり工夫してチューニングしなきゃならんわけで

これがまた非常に面倒である。

フロイトローズやビグズビーみたいなフローティングトレモロだと
もうなかなか決まらなくてチューニングできた頃には弾く気が失せる。


そんな面倒から解放されたくて
ヤフーとかアマゾンとかでクロマチックチューナー漁ってたんだが
まぁどうも画像と解説だけじゃ使い勝手がようわからん。
レビューだってあくまでも個人の感想だし・・・

なーんて煮え切らないでいたら




アプリであるんだね
チューナーアプリ

普通にダウンロードしてチャンチャン。

ダウンロードする機種によっては正確なチューニングができないとかって意見もあったが

試しに音叉でやってみたらちゃんとAもピッチ同じ。

恐らくだけど、
スマホのマイクの性能で変わってくるんだろうね。

ま、いつまでダウンチューニングの曲やるかわからんから

暫くコレでいいかな?と。

ダウンチューニング用の弦。の巻

かれこれ40年近くギターやってるが
この歳になって初めてのダウンチューニング。

6弦だけEからDに下げるドロップDは結構やるが

通常のE-A-D-G-B-Eから
1音下げC-G-C-F-A-Dの
1音下げドロップC
は今回が初めて。

いつも使ってる09~42又は09~46の弦だと
テンション緩々のダルンダルンでちょっと激しくピッキングすると
ピッチ狂いまくりで気持ち悪いんだよね。

で、

ダンロップの
11-14-18-28-38-50と

アーニーボールの
10-13-17-30-42-52


の2種類を
遊び用のディンキーさんで試してみることにした。
ダウンチューニング 弦


ん~・・・イマイチ。

いつも使ってる09~42に近いテンション感にしたかったんだが
11で始まるダンロップは1音下げてもちょっとつっぱり感を感じてしまう。

で、アーニーボールのほうは10から始まるだけあって高音弦のテンションはいい感じだが
低音弦側が52は俺には太過ぎた。

ブリッジミュート時のゴリゴリ感が無いんだよね・・・。

てなわけで、画像には無いが
ghsの10~48で落ち着きそうだ。




初のダウンチューニング。

意識し続けてないと当たり前だが狙った音より1音低い音だしちゃって焦る。




まだまだ修行が足りんな
プロフィール

タロー

Author:タロー
生きてるだけでみっけもん。
のんびり適当に生きてます。
文才の無い人間が書いてますので
気分を害す可能性もありますが、
ヌルイ目で見てやってください。
リンクフリーですが一声かけて下さいね。



コメ返遅いですが勘弁して下さい。

2016年11月13日 Asahiからタローに改名

最新記事
カウンター
ブロとも一覧

ふるーつばすけっと
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム