疲労を披露。の巻

歯医者だ整形外科だ内科だと、

ここ数か月

病院貧乏・・・


酒も飲まんしギャンブルもやらんのが幸いだ。

やってたら今頃禁断症状が出てイライラMAXだろう。



歯肉炎に歯槽膿漏に虫歯、
挙句昔治療した歯の神経の部分に
リーマーファイルが残ったままの厄介な治療を継続してるんだが

これがまた痛いわけで、

炎症おこした部分に打つ麻酔の激痛ったら
虫歯の痛みをはるかに超える痛みなワケよ。

で、上を向くと気道が塞がってしまう気道閉塞症なもんで辛いのなんのって


にもかかわらず


治療中に寝落ちしてもうた。


美容室で頭いじられて気持ちよくなって寝てしまうことはあるが

痛みを伴う歯の治療中に寝てしまうなんて




どんだけ疲れてんだ、俺



いや、
歯医者さんが上手かった

ってことにしておこう。
スポンサーサイト

極端っす!の巻

ウチのキッチンの脇には90Lのゴミ袋がすっぽり入るデカいゴミ箱がある。

居候に
『ゴミの日に一緒に出すからココに入れといてね。』
と言ってあるんだけど、


90L目一杯ゴミ溜めてからゴミ箱にいれてくる


そうじゃない、

誰も90L目一杯溜めてから90Lのゴミ箱にゴミ入れろとは言ってない。



子供でも理解できるくらいクソ丁寧に
順序よく説明してみたんだが


それ以来一切ゴミを持ってこない。

この極端っぷり今始まったことでもボケたわけでもなく
俺が子供の頃からそんな感じなワケ。



そして
ウチの息子夫婦はゴミすら捨てさせてくれない。


近所に話し、そして日記に書き綴って
こんなの家族じゃない!と
わざと見えるところにその日記を置いておく


不思議なパフォーマンスである。



家族を壊したのは紛れもないアナタである。



てか、
いちいちそれに悩んでも仕方ないので、
知らない人とルームシェアしてる

そう考えるようにしてる。

便利で不便。の巻

某カー用品店で作業待ちしていたときの出来事。

缶コーヒーでも買って喫煙所で一服するかなと
ポケットの小銭をまさぐりながら自販機の前へ

さっと一人の男に割り込まれてね、
一人くらい譲ったとこでほんの数秒の世界
そんくらいで目くじら立ててもアホみたいだし
まぁいいかと。

最近は便利になったもんで
スマートウォッチなるもんを自販機にかざしただけで
飲み物が買えるのね。

へぇ~

なんてアナログな俺はその様を見てたんだが
自販機反応ナシ!

その男、買いたい飲み物のボタンを連打してるわけだが
反応してないんだから出てくるわけもない。

『あれ?あれ?』

なんて言いながら何度もその時計をかざしてはボタンを連打。

しかし自販機反応ナシ!

『あれ~?おっかしいなぁ~』

なんて言いながらカバンからタブレットを取り出して
設定確認してるんだかチャージしてるんだか・・・。


普通この時点で譲らねぇか?


ちょっと面白そうなので人間観察。

どうも夢中になると周りが見えなくなるタイプなんだろうね。
(あえて空気読めないなんて絶対言わない)

必死にタブレットと時計の設定をやり直しては
何度も自販機に腕をかざしてる


滑稽な姿である


その間、俺の後ろに並んだ人間は俺を含め6人。

小銭握りしめてそれを眺めている6人も滑稽だよね


それでも気づかないタブレットさん。




結局タブレットさんは諦めて小銭投入。



便利になったけど不自由だねぇ

ケツは自分で拭かなきゃさ。の巻

ウチの居候の理解不能の行動



トイレットペーパーちょい残し


最後の1巻だけ残してそのまんま・・・。

取り替えとけよ!と。

コレやる人って居るっちゃ居るが

ウチの居候の場合



マイトイレットペーパー持参・・・

で、トイレに常備されてるトイレットペーパーを普通に使って
最後の1巻になったら自分で持ち込んだペーパーを使用する。


呼びのペーパーはトイレに常備してるのにね。



全くもって意味不明である


何故そんなことするのか問いても

いつものすっとぼけ。



自分のケツはしっかり拭くくせに

そういうケツは全く拭かない。

まぁもう慣れたしどーでもいいんだけどね。

父ちゃんゴメン。の巻

小学生の頃、親父と一緒に風呂に入るのが楽しくて仕方なかったわけ。

浴槽の中で親父がブッとオナラをして
その屁のバブルが水面に浮かぶ前に親父が浴槽に沈めたタライに受け
『ほら、タロー、顔近づけてみ。』なんて顔を近づけた途端にタライ開放

目の前でハジける屁のバブル

くさーっ!

もうホントくだらないことばかりやってゲラゲラ笑ってた。


んで、

たまたま一人で風呂に入ったときに
親父がよくやってた屁バブルを俺もやってみようと

一発かましてみたわけだが、





ウンコ出ちまった・・・



浴槽に浮かぶふたつのダークブラウンの固形物

しかも今日に限って一番風呂、
このあと親父や爺さん婆さんも入る、
浴槽でウンコしたなんてバレたら間違いなく寒空の中玄関の外に1時間立ってろの刑
それだけはなんとしても避けたい幼稚な脳ミソ

必死でそのブツを手ですくい取ろうとすればするほど

ダークブラウンは細胞分裂を繰り返すワケ。

まるで「ポケットの中にはビスケットがひとつ」の歌い出しでお馴染みの童謡『ふしぎなポケット』
作詞:まど・みちお、作曲:渡辺茂。
のようだ。

手ですくい取ることが困難になった細胞分裂を
必死で今度はタライですくい取る俺。


15分ほど戦ったのだろうか


お湯は3分の2まで減ってしまったワケ


今のようにボタンひとつで『足し湯』や『追い炊き』なんてできる時代じゃない
微妙に取り扱いが難しい(てか壊れてる)バランス罐
子供の自分じゃ手に負えないわけで


足してみた


しかもほぼ常温の風呂。


知らぬ顔して出たが次に入ったのは親父。

もう風呂のヌルさよりもウンコしたのがバレないかドキドキだったが

熱い風呂が好きだった親父は常温の風呂にブチ切れた


玄関の外1時間の刑を覚悟して部屋の隅でガタガタ俺は震えていたが



こんなクソ寒い風呂に息子を入れるのはどういうことだ!』

と風呂沸かし担当だった婆ちゃんを親父は責め立てた。

親子喧嘩勃発である。




父ちゃんゴメン!あれ俺の仕業だったんだよ。





今日親父の墓参りに行ったときに突然思い出し

40年かかって親父の墓前で謝罪した
プロフィール

タロー

Author:タロー
生きてるだけでみっけもん。
のんびり適当に生きてます。
文才の無い人間が書いてますので
気分を害す可能性もありますが、
ヌルイ目で見てやってください。
リンクフリーですが一声かけて下さいね。



コメ返遅いですが勘弁して下さい。

2016年11月13日 Asahiからタローに改名

最新記事
カウンター
ブロとも一覧

ふるーつばすけっと
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム