おにゃんてぃの近況報告。の巻

ちょっと元気な猫がやる、夜の大運動会。

なぜだかウチのおにゃんてぃは
午後9時になると大運動会が始まる

他所様の猫さんはどうなんだろうか?


さて、


本当は仕事に行って留守の間
できるだけフリーダムにしてやりたいんだが
例の居候対策でおにゃんてぃには申し訳ないがゲージに入って貰っている。


多分、
こんな感じで主人の帰りを待っているんじゃないかと。
待つ

なもんで、

帰ってきたときの反動ったら物凄いです。


ぴったりくっついてくるなんてーのはしないんですが

おにゃんてぃなりの距離を置いて

金魚のフンみたいに何処行くにもついてくる。

椅子に座ると隣の椅子に座る。
おにゃんてぃ 0613-1

甘え方を知らんので

どうしたらいいのかわからんようだ。


とりあえず

顎と耳はなでなでされるのは好きみたいだ。
おにゃんてぃ 0613-2

尻尾触ると噛みつくけどね。

スポンサーサイト

お花を摘みに参りましょうか。の巻

トラック乗ってて問題になるのが

トイレ問題。

生コンってプラントで積んでから現場到着、打設完了まで90分って縛りがあるのし
エンジン停めるわけにいかないので、お腹が弱い俺には地獄の日もある。

大型の造成地や分譲地なら仮説トイレがあるから
生コン降ろし終わってからプリッとやればいいが

田舎の太陽光パネルの基礎とか
ちょっとした土間打ちとかってトイレが無いとこが多いのよね・・・。

立ち小便や野グソ・・・。

いやいや、
どこで誰が見てるかわからんからね
それで会社にクレームの電話行って問題になったこともあるので
そういうことはしないワケ。

オマエはいいよね。
どこでもできるから。
猫トイレ
庭は巨大なトイレだそうな・・・。

優越感。の巻

我が家のワンコーズの

じゅん君
じゅん&なっぱ
めっさビビリである。


しっぽブンブンでお出迎えしてくれた時

そのブンブン振ってるしっぽに興味を抱いたおにゃんてぃが

軽く猫パンチ

それがトラウマ


オレが呼んでも
周囲を警戒しながら

おにゃんてぃが居ないのを確認してから

撫でてもらいにくる始末・・・
じゅん

その間に

もう1匹のなっぱさんが寝床を奪う。

『ねぇ・・・オレもそこで寝たいんだけど。』と

どいてくれるまでクンクンと鼻を鳴らし続ける。

どんだけ小せぇんだよ!


で、


ソレを優越感たっぷりの目で見る奴が居る。
おにゃんてぃ 0120


気持ちのバロメーターなワケ。の巻

ここ数年メインギターになってるボロストラト。

70年代後半から80年代初期のフェンダーのジャンクボディに
マイティ・マイトのネックとハンドワイヤリングのPU
白ストラト
画像見るより実物は汚くて状態も悪いんだが
生鳴りも強烈でくクリーンからクランチまで
なかなかいい音を奏でてくれるワケで
ずっとメインで使ってるワケだが

最近『ん?』って感じ。

アンプからエフェクターまで変えちゃったせいもあるんだろうが

サブで使ってるテレキャスのほうが
音作りもしやすいし、最近好みの音。
赤テレキャス

なんだろか?
今まで誰かの音を真似たり、それっぽい音を出そうとしてたんだが
ここ最近そういうことをやめて自分らしい音をできるだけ出そうと

簡単に言うと曲をコピーするのではなくカバー

って感じになってきたからなのかな?

まぁ一時期は誰それの出す音と同じ音にしようなんて努力して
必死こいてPU変えたりアンプを取っ替え引っ替えしてみたり
エフェクターの種類やセッティングに拘ったりしてきたが

なんか違うな。と。
赤ストラト
なもんで今は一時的にメインの白ストラトには隠居してもらって
テレキャスとこの赤いのがメイン化してる。

最近思うんだが
一般的なシングルコイルやハムバッカーよりも
スタックハムやハムバッカーのコイルタップサウンドのほうが好きかもと。

シャリシャリのシングルでもなく図太いハムバッカーでもなく
シングルよりもパワーがあってハムよりも劣るみたいな。

レスポール
とか言いつつしっかりレスポールなんかも弾くんだが
なんかコレ、大事にし過ぎて勿体無くて弾けないでいる・・・。

きっと根が貧乏症なんだろうね(笑)

なもんだから
ちょっとカラで弾いてみたりひとつのフレーズの反復練習のときは
こっちだったりもする。
ディンキー
フロイトローズにハムの組み合わせの音って
あんまり好みじゃないからアンプに繋げることはほとんど無い。
あくまでも遊びでカラ弾き用。

で、嫁さんの練習用に買ったのがコレ。
GR
初心者には典型的なストラトやテレキャス、レスポールだと
それなりの癖みたいなのがあって
それが弾き辛さとなって飽きてしまうのが嫌だったから
あえてコレにしてみた。

最近買い換えたベース。
pjbass

いままでフェンダーのジャコパスモデルを使ってたんだが
それだと出せる音っつーかやれることに限界があったので
いろんな音が出せるコレにした。

今まで、
いろんなバンドの欠員補充みたいなことやってきたから
あれもこれもって注文多かったものでね。

まぁ今はそんなに力入れずに単に趣味だから
そんな高価な楽器は所有してないけどね。

それで飯食ってるわけじゃないし
楽しめればいいんです。

でもね、
面白いことに
その時のメンタルや
その時代時代の気持ちの変化で
どんどん音とか好みが変わってくるんよね。


音は気持ちのバロメーター

だったりもします。


面倒臭い。の巻

あとちょっとで手が届くんだが

届かない・・・。



頑張って手を伸ばすんだけど

もうちょっとのところで届かない。


頑張ってるの図↓
おにゃんてぃ 0725

てか、

降りてこい。

飼い主に似て

面倒くさがりだ。
プロフィール

タロー

Author:タロー
生きてるだけでみっけもん。
のんびり適当に生きてます。
文才の無い人間が書いてますので
気分を害す可能性もありますが、
ヌルイ目で見てやってください。
リンクフリーですが一声かけて下さいね。



コメ返遅いですが勘弁して下さい。

2016年11月13日 Asahiからタローに改名

最新記事
カウンター
ブロとも一覧

ふるーつばすけっと
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム