SQUIER Vintage Modified Jazzmasterがやってきた!の巻

買ってもうたよ。

ジャズマスター。

スクワイヤーだけどね(笑)


憧れは65年だか66年のブロックインレイ、ネックバインディングのサンバースト。
でもそんな高価なヴィンテージ物は俺には買う余裕なんてあるわけナッシング。
勿論だが現行のUSAだって買えない。


本当は現物を見て買いたかったんだが
どこにも在庫が無かったのでネットショッピング。

木目が見えるカラーのギターをネットで買うのは結構勇気が要る。
とんでもない木目だったときの痛さは半端ないものがあるからね。

勇気を持ってポチっとしたわけだが


何とも言えない個性的な木目のが届いた(笑い)
ジャズマスター
SQUIER Vintage Modified Jazzmaster

フェンダージャパンやメキシコじゃなく、あえてスクワイヤー狙い。

理由は単純明快、
指板のRとフレットとピックアップ。

9.5Rの指板とミディアムジャンボフレット
ジャパンより断然ジャズマスらしい音が出るダンカンデザインのピックアップ。

正直、昔はスクワイヤーなんてフェンダーのセカンドブランドだろ?なんてナメてかかってた。
でも最近の中華製じゃないインドネシア産のスクワイヤー。

なかなかしっかりしてまっせ。

さすがに
ドン・ウィルソンばりの音は出ないが
ボブ・ボーグルっぽい音は出るね。

それにしてもこの動画↓


ドン・ウィルソンのバッキングの音、凄いわ。
さすがミディアムーゲージだけあるね。

ノーマルブリッジであんだけ掻き鳴らしても弦落ちしないし。

やっぱりぶっといゲージでテンション掛けて
ぶっとい音出したほうがソレっぽいんだろうなー。


スポンサーサイト

俺にだって非はあるんだよ。の巻

俺と居候(決して母とは呼ばない)の仲の悪さはココを読んでくれてる人ならご存知のはず。 

あまりにもワガママで身勝手な居候の素行に
ここでは幾度となく毒を吐かせてもらっている。

そんな毒の吐きっぷりに
そのうち俺が事件でも起こしてしまうんじゃないかと心配してくれる方も居る。


大丈夫!そんなことしてテメェの人生棒に振りたくないから。


基本、ウチの居候ネガティブだ。

日記には愚痴と文句と悪口しかない。

まだ俺が小学生の頃、離婚し
そのとき出来た男の出資で水商売を始め
その男の力と財力で好き勝手やってきたわけ。

まだ俺も小学生で自力で生きるなんてできないから
居候の言うことが絶対だったわけで
完全支配下に置かないと済まない人間だったので
逆らうことができなかった。

で、
ちょうど俺が反抗期に差し掛かったとこで捨てられたんだな。

自分の店に来たお客でも気にいらない客が居ると叩き出し
男とうまく行かなくなるとさっさと乗り換える。
自分の子を捨て、親も捨て、
そんなんだから友達からも見放され
でも自分を改めようとはしない。

若いうちなら女の色気でなんとかなるが
70過ぎてこんなんじゃただのクソババァ。

そんなワガママ放題生きてきた上に
子供の反抗期も経験したことがないもんだから手に負えない。

こんなになったのも
俺が反抗しなかったのにも責任があるかなと。

逆らえなかった自分にも少しは責任あるんじゃないかとね。

歳を取るとどんどん頑固になって凝り固まる。
まぁその人それぞれの人生があるから全てとは言えないが
ワガママ放題生きてきて人間だ。

子供は親の言うこと聞いて当然って認識しかないからね。

子供の反抗期を知らないから。

70過ぎてから息子に反発されたり意見されると
ブチ切れて引き篭もってしまうのも頷けるかなと。

昔の名前で出ています。の巻

嫁さんが旧姓でfacebookに登録したことで夫婦喧嘩になった知人。

女性の立場からしたら旧姓で登録したほうが
学生時代の知人に見つけてもらいやすいからそうするが

彼側からしたらそれは面白くない。

何故かって?

ヤキモチですよ。

根底にあるのが嫉妬心と男側のやましい気持ちの複雑な交差。


きっと彼は

嫁さんに内緒で昔の彼女や好意を持った女性を検索したことがあるはず。

で、久しぶりに再開したその女性といいことあったら良いな。なんて

そんなスケベ根性で検索したことあるからこそ


そういう男性からコメントが来るのが嫌で怒ったんだろうね。

で、自分の嫁もそういうのを期待して旧姓で登録したんだろうって疑いの気持ち。


それがハッキリ言えないから喧嘩になったんじゃないのかな?と


男と女

同じ人間だけど別の生き物みたいなもんさ。

禁断の果実みたいな。の巻

最近とっても気になるのが

ジャズマスター。である。
ジャズマスター

いまだに所有したことがない。

所有する機会は幾度とあったが決断するには及ばずでね

なんて言うのかなぁ〜

高嶺の花っつーか、禁断の果実ってーか、

まだ自分には似合わないかな?なんて思ってたんだよね。


そうそう、

俺ん中のジャズマスターって言えば
ドン・ウィルソンなんだよね。
ドン・ウィルソン

ベンチャーズのライブに何度か行ったことあるんだが

俺にはジャズマスター買ってもあの音出せねぇなと。



でもね、
最近思うようになってね。

別にジャズマスター買ってドン・ウィルソンと同じ音出す必要ないじゃん。と。




そう思った途端に

物欲全開!(笑)

構った俺もバカだった。の巻

世の中面白い輩も居るもんで、

俺が軽く自虐的に
『あ~、体力落ちてきたなぁ~、ジジィになったもんだ。』とブログに書けば

必死に腹筋してる画像をアップ



『視力の老化か、夜の運転が怖くなった。』と書けば

目は鍛えれば老化はしない!

とブログのひとこと欄にあげる・・・。


軽い気持ちで
『仕事が忙しくて趣味に費やす時間が無いのぉ~』と書けば

時間は作るものだとな。


俺の記事にコメントくれるならまだしも
それを他所でやってくれるもんだから





困ってちゃんの構ってちゃん。




ま、

そんなの放置しとけばよかったんだが

構った俺もバカだった。




そういった輩は放置に限ると



経験してはじめてわかったよ。
プロフィール

タロー

Author:タロー
生きてるだけでみっけもん。
のんびり適当に生きてます。
文才の無い人間が書いてますので
気分を害す可能性もありますが、
ヌルイ目で見てやってください。
リンクフリーですが一声かけて下さいね。



コメ返遅いですが勘弁して下さい。

2016年11月13日 Asahiからタローに改名

最新記事
カウンター
ブロとも一覧

ふるーつばすけっと
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム